輝国山人の韓国映画
<Home>へ

最も普通の恋愛    DVD発売

前の恋人に傷ついた男と前のボーイフレンドに後頭部を殴られた女性、今まさに離別した二人の男女の率直でよどみない現実ロマンスを描いた映画

婚約が破談になり,元カノに未練タラタラのチェフン(キム・レウォン)。

いつものように二日酔いで始まった朝、知らない番号の誰かと夜中に2時間も電話した履歴を見つけ,その相手が職場に新しく入ってきたばかりの同僚ソニョン(コン・ヒョジン)だと知る。

元カレの裏切りで破局したソニョンは,恋に幻想を抱かず、終わった恋にはすっぱりと見切りをつける現実女子。

新たな職場に出勤した初日、あらゆる文句を浴びせて彼氏と別れた現場を上司となるチェフンに目撃されてしまう。

出会ってわずか1日で仕事より互いの恋愛について詳しく知ることになった2人。

お互いに”情けない“ ”あきれた“と文句を言いながらも、次第に気になる存在になっていき…。 (出処:「最も普通の恋愛」ホームページ

[制 作 年] 2019年* [韓国封切] 2019年10月2日 [観覧人員]  [原 題] 最も普通の恋愛 가장 보통의 연애 [英 語 題] CRAZY ROMANCE [日 本 題] 最も普通の恋愛 [日本公開] 2020年7月31日 [ジャンル] メロー/ロマンス [原 作]  [P  D] オ・ヒョジン [脚 本] キム・ハンギョル、オ・ヒョジン [脚 色]  [監 督] キム・ハンギョル [第1作] [助 監 督] チン・ソンヒョン [撮  影] ソン・ウォノ [照  明] キム・スンギュ [編  集] シン・ミンギョン [音 楽] キム・テソン [美 術] ソ・ソンギョン [武 術]  [出 演] キム・レウォン   → イ・ジェフン 企画チーム長 ビジュアル・ライジング社       コン・ヒョジン   → オ・ソニョン 企画チーム ビジュアル・ライジング社       カン・ギヨン    → ピョンチョル ビジュアル・ライジング社       チョン・ウンイン  → ソ・グァンス 社長 ビジュアル・ライジング社       チャン・ソヨン   → ミヨン 企画チーム ビジュアル・ライジング社       イ・チェウン    → キョンウン ビジュアル・ライジング社       チョン・ヘリン   → ユンジュ 企画チーム ビジュアル・ライジング社       ソン・ウヒョン   → トユン ビジュアル・ライジング社       パク・クンノク   → カン技師 映像デザイン(CG)チーム ビジュアル・ライジング社       チュ・ミンギョン  → チュヒ ソニョンの友だち       チ・イルジュ    → トンファ ソニョンの元カレ       オ・ドンミン    → ヒョンソン 映像デザイン(CG)チーム ビジュアル・ライジング社       ソン・ビョンスク  → ソニョンの母       チャ・ジュンウォン → 映像デザイン(CG)チーム 社員1 チャ・ジュンウォン ビジュアル・ライジング社       シン・ミンジェ   → 映像デザイン(CG)チーム 社員2 シン・ミンジェ ビジュアル・ライジング社       ソン・ヨンスン   → とうもろこし おばあさん       ソン・サン     → 居酒屋こころ アガシ       イ・スンチャン   → 居酒屋こころ マネジャー       チョ・ジェワン   → 撮影技師       キム・ヨンチョル  → 照明技師       キム・ヨン     → 補助スタッフ       ペ・ヒョンソン   → 新入社員       チョ・ジヒョン   → 引越し荷物センター 職員       ソン・イェジン   → 愛犬ショップ 職員       チョン・ヒョンギュ → キムチチゲ店 職員       シム・ソヨン    → エレベーター おばさん       ソン・ソンチャン  → ソニョン オフィステル 警備員       チョ・ヨンボク   → ヒョンソンの父       チェ・ジョンウォン → ヒョンソンの母       Marbin       → ヘッドホン広告 男性モデル       チェ・ジウォン   → ヘッドホン広告 女性モデル       カン・ソヨン    → OKボーイ お母さん俳優       リュ・ハソン    → OKボーイ 子役俳優       ソン・ギュヨン   → チェフンの父       チョン・ミラン   → チェフンの母       ハン・イェソン   → ヒョンジン チュヒの息子(赤ちゃん)       イム・ジヒョン   → ビヤホール 青年1       イ・ゴニ      → ビヤホール 青年2       キム・ジノク    → カムジャタンの店 職員       パク・イニョン   → ハンビョル       イ・ユンジェ    → トンファの恋人       カン・ウンス    → チョンスの妻       ホン・ミンソン   → チョンスの子供1       ミン・ジアン    → チョンスの子供2       イム・ユラン    → 大家 声       ソン・ピルグン   → 釣り放送 声       特別出演       ユン・ギョンホ   → キム・ジョンス チェフンの大学奉仕サークル仲間       ソン・ヨウン    → チョン・スジョン チェフンの元カノ       友情出演       チャ・ヨプ     → お母さんの車の持ち主 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 109分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・ユジン [制作会社] 映画社チプ(家) [制 作 費]  [D V D] TCエンタテインメント(DVD 3,800円+税)2020/12/2発売 [レンタル]  [H P] http://klockworx-asia.com/crazyromance/ [撮影場所] CU コヤン(高陽)トンサン店       ギャラクシーペット カンナム(江南)店       ルイビスコンベンション       マポ(麻浦)チンチャ(本当に)ウォンジョ(元祖)チェデポ       マポ(麻浦)区庁 公園緑地課       マポナル アクロタワー店       マンウォン(望遠)洞 芸術人子女助力センター       味覚 ブラウンスイート       サムソン(三成)洞 ウォールストリート       ソラク(雪岳)チュオタン(どじょう鍋)       ソンミゴル コギマウル(肉の村)       ソンブク(城北)洞 チョングクチャン(清麹醤)       ソンス(聖水)洞 #102 CUSTOM       ソンス(聖水)洞 トンマッコル       ソンス(聖水)洞 アンシネ チュックミ(いいだこ)       ソンス(聖水)ワハカ       ソンス(聖水)イルミ テジクッパプ       シフン(始興)市 クァンミョン(光明)マンション アン・ギョンオク様自宅       シンギル(新吉)洞 レミアン       シンナヌン(楽しい)ノレバン(カラオケ)       アジア公園       オルクニネ トジョンスンデ(腸詰)汁 シヌォン店       ヨンタンブル(煉炭の火)       オレンジ コンビニエンスストア       ウォラクサン(月岳山)国立公園事務所       イドオク ソルロンタン       イモククビ(耳目口鼻)       イルサン(一山)ブラウンストーン       ジオ(ZIO)コーヒー       こころ(日本料理居酒屋)       テジョン(大田) ヒョソンヘリントンプレイス       フィールダースマート スタジオ [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KBCシネマ 2020年9月12日 公開


プラウザの「戻る」で戻ってください。