輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ワン・デイ 悲しみが消えるまで    DVD発売

生きた人間とさまよう霊魂として出会った二人の男女が,交感して徐々に変化していく過程を描いたファンタジー感性ドラマ

妻が死んだ後,人生の希望を失って生きていた保険会社の課長カンス。

会社に復帰した彼は,交通事故で昏睡状態に陥ったミソの事件を受け持つことになる。

カンスは,事故調査のために病院を訪ねて行って,そこで自らミソと主張する一人の女性に会うことになる。

自分にだけ見えるミソを怪しく思ったカンスは,彼女が,他の人の目に見えない霊魂であるという事実を知ることになる。

交通事故後,意識を失って病院で目覚めたミソは,病室に横になっている自分の姿を見て,自分が霊魂になったという事実を悟ることになる。

生まれて初めて新しい世の中を見始めたミソは,唯一自分を見ることができるカンスに会うようになって,その間,切実に成し遂げたかった願いを聞いてほしいとお願いする。(出処:KOFIC)

[制 作 年] 2017年*
[韓国封切] 2017年4月5日
[観覧人員] 
[原    題] ある日 어느날
[英 語 題] One day
[ジャンル] メロドラマ
[原    作] ソン・ヘソン
[P  D] イ・ドンホ
[脚    本] キム・ソナ
[脚    色] キム・ヒジョン,チョン・ウォンソク,イ・ユンギ
[監    督] イ・ユンギ [第7作]
[助 監 督] イ・ギュソプ,イ・ウンジョン
[撮  影] チェ・サンホ
[照  明] ペ・イリョク
[音    楽] キム・ジョンボム
[美    術] イ・ボンファン
[武    術] キム・ジョンミン

[出    演] キム・ナムギル   → イ・ガンス コリアン火災保険 課長
      チョン・ウヒ    → タン・ミソ 交通事故被害者 視覚障害者
      チョン・ソンギョン → ミソの母 キム・ソンヒ 美容室ヘアークリニック
      イム・ファヨン   → キム・ソンファ(金善花) カンスの妻
      パク・ヒボン    → パク・ホジョン ミソの代理 職場同僚 韓国視覚障害者福祉館
      チョン・スノン   → キム・ボムジン ホジョンの新郎 視覚障害者
      キム・イェジュン  → チェ・ジホ 入院男児 チェ・ドゥヨンの息子
      ミン・ムジェ    → カンチーム長 コリアン火災保険
      キム・ジョンヒョン → チャ代理 コリアン火災保険
      イ・スイン     → イ代理 コリアン火災保険
      ナム・ヨンソン   → パク課長
      イ・スンヨン    → 看護師長 [編集でCut]
      チョン・ユリム   → チニョン ミソの母の娘
      ペク・サンヒ    → バーテンダー
      キム・ビョンスン  → ソンファの父
      イ・ジフン     → ミソ 担当医師
      チョン・ハンナ   → ミソ 担当看護師
      カン・スク     → ミソ 看病人  [ストーリーボード]
      カン・シンチョル  → ナイロン患者1(下記 [お ま け] 参照)
      カン・ミンジ    → ナイロン患者2 ミンジ
      イ・サンウォン   → ナイロン患者3
      キム・ドンヒョン  → ナイロン患者4
      パク・チョンミ   → チュレ(主禮:媒酌人) パク・ホジョンの結婚式 
      チョン・ミヘ    → 不動産仲介人 [編集でCut]
      イム・ヒョンギュ  → 家を見に来た夫婦 男 [編集でCut]
      チョン・テイン   → 家を見に来た夫婦 女 [編集でCut]
      リュ・ウォンテク  → セキュリティー 担当職員
      オク・イルチェ   → 面談 患者
      イ・ウンソク    → 松葉杖 患者
      チェ・ソリ     → ミソ病室 医師
      ペ・ユリ      → 廊下 看護師
      コ・ウナ      → ミソ入院室 看護師
      ペ・ウヌ      → 凧上げ看護師
      キム・ユジュ    → ソンファ病室 看護師
      ナ・ムソン     → 窓口 職員
      キム・ジョンウォン → 居眠りする男
      パク・ユノ     → 応急室 医師1
      カク・トゥファン  → 応急室 医師2
      ソ・イル      → 応急室 看護師1
      キム・ソヨン    → 応急室 看護師2
      チョン・ホンイル  → 応急室 男性救急隊員
      ソミョン      → 応急室 女性救急隊員
      チェ・ビョング   → 福祉館 職員
      チャン・ジョンウク → 福祉館 職員
      イ・ギョンミ    → 福祉館 職員
      クォン・オギョン  → 福祉館 職員
      オ・ヨンジン    → 福祉館 職員
      イ・ヨヌ      → 福祉館 職員
      ト・ヘジン     → 福祉館 職員
      パク・チョンボム  → 福祉館 職員
      キム・ギョンイル  → 福祉館 職員
      パク・テヨン    → 福祉館 職員
      ホ・ソンウ     → 福祉館 視覚障害者
      イ・ホギョン    → 福祉館 視覚障害者
      キム・ミョンヒ   → 美容室 おばさん [編集でCut]
      アン・ソヒ     → 高試テル女 [編集でCut]
      クトゥントゥニ   → バー 職員
      ユ・ギョンフン   → バー 職員
      イ・ガンジュン   → 結婚式 司会者
      チャン・ウンジュ  → 結婚式 伴奏者
      キム・ヒョンス   → 結婚式 祝いの客
      チェ・ドゥヨプ   → カンス 会社同僚
      ウォン・グンス   → カンス 会社同僚
      ハン・セウン    → カンス 会社同僚
      ファン・ヘイン   → カンス 会社同僚
      イ・ジヒョン    → カンス 会社同僚
      イ・チェヨン    → ミソ スタンディング
      チョン・ハウム   → ミソ スタンディング

      友情出演
      ユン・ジェムン   → チェ・ドゥヨン ナイロン患者(下記 [お ま け] 参照)
      キム・ヘオク    → ソンファの母
      ソンジュン     → ヨンウ ソンファの弟
      イ・ミソ      → ワンルームマンション 管理人 [編集でCut]

      特別出演
      キム・ヨンミン   → 特調課(特殊調査課) 職員
      キム・ジュンギ   → キム・マンボク [編集でCut]
      シン・ヨンジン   → キム・マンボク夫人 [編集でCut]



[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 114分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] (株)インベントストーン(Ivent Stone corp.)
[制 作 費] 
[D V D] 株式会社ファインフィルムズ(DVD 3,800円+税)2018/2/2発売
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所]* 国立中央病院 国立再活院(リハビリセンター)  [ソウル特別市 カンブク(江北)区]
        → タン・ミソの入院病院

      社会福祉法人 韓国視覚障害福祉財団 韓国視覚障害者福祉館
        → パク・ホジョンが勤務する福祉館

      フェソン(横城)ルンビニ幼稚園  [江原道 フェソン(横城)郡 ポグァンサ(普光寺)]
        → パク・ホジョンとキム・ボムジンの野外結婚式会場

      トンヘ(東海)写真館  [江原道 コソン(高城)郡]
        → イ・ガンスが尋ねた写真館(タン・ミソの赤ん坊時代の写真を撮影した写真館)

      コソン(高城) ヘアークリニック  [江原道 コソン(高城)郡]
        → タン・ミソの母キム・ソンヒの美容室

      コリアン火災保険
        → イ・ガンスの勤務会社

      オーパスバー  [ソウル特別市 マポ(麻浦)区 トンギョ路]
        → イ・ガンスとタン・ミソが行ったバー

      キョンヒ(慶煕)大学 ヘンボク(幸福)寄宿舎

      フェソン(横城)テソン病院

      ソクチョ(束草)マレモンス ホテル

      ポムン(普門)市場  [ソウル特別市 ソンブク(城北)区]
        → イ・ガンスとタン・ミソが行った市場

      コエックス(COEX) アクアリウム  [ソウル特別市 カンナム(江南)区]
        → イ・ガンスとタン・ミソが行った水族館

      チョン洞 パロソン病院

[挿 入 曲] 
[M-Video] 
[Private ] J-Blu-ray-Rec(エージェント・オブ・シールド5 12〜14)

[お ま け] ・韓国では,ユン・ジェムンが演じるチェ・ドゥヨンのような保険金狙いの偽(にせ)入
       院患者のことを「ナイロン患者」といいます。

      ・「ナイロン」は,合成繊維のナイロン(nylon)のことで,米国のデュポン社が開発した
       ナイロンが,韓国では1960年代に流行したそうです。

      ・夢の繊維という宣伝文句に,綿や麻の服を着ていた韓国庶民は,ナイロンのスカートや
       チョゴリを着るのが夢になったそうです。

      ・しかし,経済が発展して,ナイロンは,通気性が全くなく安いだけという認識が広がり,
       「ナイロン娘」というお洒落なイメージから,「表だけ艶やかな偽(にせ)物」という
       認識に転落し,ナイロンは,偽(にせ)物の代名詞になったそうです。 


プラウザの「戻る」で戻ってください。