輝国山人の韓国映画
<Home>へ

悪の偶像    DVD発売

息子のひき逃げ事故後,政治人生の最大の危機を迎えることになって、全てのものを本来の席に戻すために孤軍奮闘する次期道知事候補を描いた映画

清廉な道徳性で市民の熱い支持を受け、次期道知事として注目されている道議員ク・ミョンフェ(ハン・ソッキュ)は、ある日、息子が交通事故を起こし、これを隠した事実を知ることになる。

信望を受ける自分の政治人生が何より重要だった彼は、息子を自首させる。

息子だけが世の中のすべてだったユ・ジュンシク(ソル・ギョング)は、肢体障害の息子プナムのためならば、できないことはない。

自分の全てである息子が、突然交通事故に遭って、冷たい死体になって帰ってくると絶望に陥る。

事故当日の息子の行跡を理解できず、一緒にいて痕跡を消した嫁のチェ・リョンファ(チョン・ウヒ)を探すために警察に助けを乞うが、彼の話を聞く人はない。

息子の死の向こう側にかかった秘密を明らかにするために、チュンシクは、単独で事故を暴き始める。

一方、その夜の事故の真実を唯一知っているチェ・リョンファ、プナムと一緒にいて煙のように消えてしまった彼女には、誰も知ることができない、知ってはならない真実が隠されている。

その日の事故から全てのことが始まった。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2019年 [韓国封切] 2019年3月20日 [観覧人員]  [原 題] 偶像 우상 [英 語 題] Idol [日 本 題] 悪の偶像 [日本公開] 2020年6月26日 [ジャンル] スリラー [原 作]  [P  D] ハン・サンヒョン [脚 本] イ・スジン [脚 色]  [監 督] イ・スジン [第2作] [助 監 督] チョン・ミンギュ [撮  影] ソン・ウォノ(C.G.K) [照  明] キム・スンギュ [編  集] チェ・ヒョンスク(THE BOOA) [音 楽] キム・テソン [美 術] プロダクションデザイナー:キム・シヨン、チョン・ヘウォン [武 術] イ・サンハ [出 演] ハン・ソッキュ    → ク・ミョンフェ 慶尚南道 道議会議員 元韓方医 ナムギョン(南京)韓医院        ソル・ギョング    → ユ・ジュンシク(柳重[火是]) 電器修理業者        チョン・ウヒ     → チェ・リョナ(崔戀花) プナムの妻 中国 吉林省 ヨンギル(延吉)出身        ユ・スンモク     → ファン・ウシク弁護士       ヒョン・ボンシク   → キム刑事       カン・マルグム    → ク・ミョンフェの妻       キム・ソンニョ    → ク・ミョンフェの母       ソ・ジュヒ      → トンスク ユ・ジュンシクの姉       キム・ミョンゴン   → チェ議員 慶尚南道議会       チョ・ビョンギュ   → ヨハン ク・ミョンフェの息子       イ・ウヒョン     → プナム ユ・ジュンシクの息子 知的障害者       キム・ソウォン    → キム・ソウォン ク・ミョンフェの秘書        キム・ジョンマン   → キム・ヨング 興信所       キム・ヒジョン    → マッサージショップ 女性社長       キム・ジェファ    → イ・スリョン チェ・リョナの異父姉       アン・ダジョン    → メナ マッサージショップ       イ・ヨンソク     → 継父 ク・ミョンフェの母の夫       スン・ウィヨル    → キム弁護士       チョン・ジンギ    → キム議員 慶尚南道議会       イ・ユニ       → 道知事 代行       キム・ホンス     → 中国人男       ミン・ギョンジン   → 目撃者 老人       キム・ビョンス    → オさん オ・ソッキ 慶尚北道 チョルゴク郡 ウェグァン邑(ウプ)       イ・ジュウォン    → カン刑事       オ・ビョンナム    → クリーニング屋 社長       ユ・グァンス     → ウェグァン(倭館)住民       キム・ジウォン    → 女性秘書       チェ・ヨンギョン   → 首を切られる女性従業員       イム・ジョンミン   → ヒュゲ(休憩)テル社長       チャン・ユンジョン  → ヒュゲ(休憩)テル女性従業員1       イ・イェスル     → ヒュゲ(休憩)テル女性従業員2       キム・ソンイル    → イ・スリョンの夫       チェ・ソンギュ    → 空港議員1       ハミン        → 空港議員2       キム・ヘファ     → 判事       イ・ドンフン     → 警察署長       キル・チャンギュ   → 刑事班長       チョ・デヒ      → チョ刑事       ソン・ドヒョン    → 刑事1       ヤン・ヒウ      → 刑事2       イム・ホギョン    → 停留場で耳をかまれる巡査       パク・キョンチャン  → 停留場 対峙警察1       チョン・ジュヒョン  → 停留場 対峙警察2       キム・スルラム    → 停留場 対峙婦人警官1       イ・ジュヒョン    → 停留場 対峙婦人警官2       キム・ソンモ     → 停留場 制圧警察1       リュ・ヨニョン    → 停留場 制圧警察2       パク・キソン     → 解剖検査医       チョン・ウヨン    → 霊安室職員       キム・ハンジュン   → 記者会見 記者1       ハン・ウヨン     → 記者会見 記者2       カン・チュンフン   → クァンファムン(光化門)現場記者1       ヤン・ジビン     → クァンファムン(光化門)現場記者2       イ・ダスル      → ニュース記者1       キム・ドンヒョン   → ニュース記者2       キム・スヒョン    → ニュース アンカー       イ・ガンボク     → マッサージショップ 酔客1       ファン・ミンス    → マッサージショップ 酔客2       クォン・ヒョクチュン → マッサージショップ お客さん       ムン・スンジュ    → マッサージショップ 男性従業員       チュ・ボラ      → マッサージショップ 女性従業員       イ・スノン      → 刑務所 看守       キム・ソンビン    → 出入国事務所 職員       チュ・ヘウォン    → 産婦人科 医師       イ・ウン       → 産婦人科 看護師       キム・ジョンイル   → 空港バス 市民       パク・ミヌ      → チェ議員 随行員       イ・サンミン     → 国会議長       ファン・ジュリ    → 裁判所 女性職員       イ・チェ       → メイクさん1       チェ・ユンジョン   → メイクさん2       イ・ハンソン     → 陸橋タクシー 運転手       チョ・ユンジョン   → 休憩テル 建物から出てくる女性       ウォン・グンス    → 下水路 機動警察1       キム・ソンジュン   → 下水路 機動警察2       イ・インギョン    → 出入国事務所 女性看守       キム・ワンド     → マッサージショップ 警察       オ・ヌリ       → 交通係 女性警察       チェ・ウンミ     → ラグジュアリー 女性       ハン・ダギョン    → ラグジュアリー 母       カン・ジンギョン   → ラグジュアリー 娘       チョ・ヨンボク    → クァンファムン(光化門)献花市民1       シム・ウンジュ    → クァンファムン(光化門)献花市民2       キム・フンヨル    → 写真を取る市民1       パク・ミョンナム   → 写真を取る市民2       シン・ドンギル    → インタビュー 刑事       キム・ミウォン    → ウェグァン(倭館)駅 母       パク・ハウン     → ウェグァン(倭館)駅 子供       シン・ジョンソプ   → 進歩連合党 候補1       カク・ナヨン     → 進歩連合党 候補2       ホン・ジュファン   → 進歩連合党 候補3       イ・ゴンチャン    → 統合自由党 予備候補1       キム・ホ       → 統合自由党 予備候補2       ヤン・ヒョンソン   → 統合自由党 予備候補3       ユン・ヨンソプ    → 候補支持者1       イ・スヌァン     → 候補支持者2       キム・ヒャンスク   → 候補支持者3       ミョン・ドジン    → 時事演説 聴衆1       アン・ヘウォン    → 時事演説 聴衆2       キム・ヨンジュ    → 時事演説 聴衆3       ナラ         → ロシア女性1       ターニャー      → ロシア女性2       ホン・ジョンヒ    → 面会室 保護外国人       ペク・ハニョン    → スチュワーデス1       ペ・ジナ       → スチュワーデス2       キム・ユノ      → 道知事代行 随行員1       イム・ビョンヨル   → 道知事代行 随行員2       キム・ヒョンリョン  → ホテル 男性職員       チェ・ユリ      → ホテル 女性職員       チョ・ミチョ     → ミョンフェの母 代役       イ・ジエ       → ミョンフェの妻 代役 [受 賞] 2019 第23回 ファンタジア映画祭 男優主演賞(ハン・ソッキュソル・ギョング)、最高作品賞 [映 画 祭] 2019 第69回 ベルリン国際映画祭 パノラマセクション 公式招請 [時 間] 144分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] アン・ウンミ [制作会社] (株)リ(里)共同体映画社(ViLL LEE FILM) [共同制作] Pollux Barunson [制 作 費]  [D V D] アルバトロス(DVD 3,800円+税)2020/11/3発売 [レンタル]  [H P] 終了(日本) [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] J-Blu-ray-Rec(単独) [お ま け] NAVER 영화      2020年6月26日(金)〜 天神シネマ


プラウザの「戻る」で戻ってください。