輝国山人の韓国映画
<Home>へ

父は犬だ

アレゴリー的な話の枠組みの中に,家族関係の壊滅と疎通の不能性が暴力の状況に展開する。

三人の息子が,狂ったように愛したお母さんが死んだ。

少し後,お父さんは,19歳の中国少年を家へ連れてきて,お母さんが寝たベッドで中国少年と人情を感じて一緒に寝る。

お父さんと中国少年,そして三人の息子は,奇異で不便でおぞましい同居を始める。

お父さんは,中国少年を性的に絞り取り,三人の息子は,精神的,肉体的にお父さんから犬よりひどい扱いにあい,酷使され始めると,三人の息子は,ついに...。

[制 作 年] 2010年 [韓国封切] 2010年00月00日 [観覧人員] 144人 2012年 第81位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 父は犬だ 아버지는 개다 [英 語 題] Father Is A Dog [ジャンル] ドラマ [原 作]  [脚 本] イ・サンウ [監 督] イ・サンウ [第1作] [助 監 督] キム・ホン [撮  影] ソン・ジニョル [照  明] オク・ソンジュン [音 楽] カン・ミングク,キム・ミスン [美 術] チョン・チャノ [出 演] クォン・ボムテク → 父 ヨンテク      イ・グァンス   → クァンス 長男      イ・シホ     → クァンホン 次男      キム・ホン    → クァンヨル 三男 [助監督]      ユ・エギョン   → 狂った女       ソン・ハンド   → ハンド 中国少年       パク・ハンサン  → チキン店主人       ミン・ホンギ   → 文房具店主人       チェ・トング   → 通りの雑貨商       ハン・ソンウォン → 精肉店主人 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 94分 [観覧基準] 制限上映可 [制 作 者]  [制作会社] イ・サンウ フィルム [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所] ミンウ洞 イ・ジョンベ氏       ウリム市場       東部第一病院       モーニンググローリー ミンウ洞       セーラーメクチプ       ウリム精肉店       チキンペルリ       7号線 サンボン駅       ソングク文具社 [M-Video]  [Private ] K-DVD【59】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。