輝国山人の韓国映画
<Home>へ

父とマリと私

往年に歌謡界を牛耳った伝説のロック歌手テスは,息子コンソンの家に,何もなかったように,15年ぶりに尋ねてくる。息子に「コンソン(=うわの空)という名前をつけるほど,人生自体をおおまかに生きるということが人生の哲学であるテスは,責任感があり犠牲的な既存の父親像とは,ほど遠い。

一方,息子のコンソンは,父のようにならないために,音楽も勉強も計画どおりじわじわ準備する正しい生活男で,一から十まで父のテスが気に入らない。ことごとくぶつかって,どうのこうのの口げんかに15年間積み重なった愛情と愛憎が混ざっているこの両者は,なかなか近づかない。

そんなある日,コンソンの家に赤ん坊を連れたマリが訪ねてくる。道端でしばらく助けただけだが,だしぬけに行く所がないというマリを拒絶できないコンソンは,マリが連れて来た赤ん坊のために,テスの誤解を受ける。

だが,テスは,コンソンとは違って,マリと赤ん坊を嬉しがり,名前までつけてやる誠意まで見せて,あたかも自分の子供のように世話する。少しの間ではあるが,家族になったような彼らの妙な関係は,ますます新しい局面に入り込んでいく。

[制 作 年] 2008年 [韓国封切] 2008年6月12日 [観覧人員]  [原 題] 父とマリと私 아버지와 마리와 나 [英 語 題] Like Father,Like Son [ジャンル] ドラマ [原 作]  [脚 本] イ・ムヨン [監 督] イ・ムヨン [第3作] [撮  影] キム・ジョンユン [照  明] キム・スンファ [音 楽] ポクスンア [出 演] キム・サンジュン  → ペ・テス(「太戌) 父      キム・フンス    → ペ・コンソン(「乾成) 息子      ユ・イニョン    → チェ・マリ 未婚の母       クク・ソンファン  → テチュン(大充) 赤ん坊      イ・ギチャン    → ピョンテ コンソンの友人      リュ・テホ     → ホン・マンチョル テスの友人      チェ・ジョンウ   → ヨンギュ テスの友人      イェ・ハギョン   → ミョンホ コンソンの同級生      ムン・ウンギ    → ポンネ      キム・ビョンオク  → ミョンホの父      チョ・ミノ     → 担任先生      イ・ジョンウク   → 警察病院医師      キム・ヒョンチャン → 一般病院医師      チョ・ソンウ    → 幼いコンソン      イ・ジンサン    → 幼いコンソン      キム・テホ     → 大きいテチュン      チョ・ドゥギョン  → コンソン バンド ドラマー      チョン・インソン  → コンソン バンド ベース      タク・トゥイン   → ミョンホ連中1      チャン・グァンソン → ミョンホ連中2      ホン・シンガク   → ミョンホ連中3      イム・ジフン    → ウェイター1      キム・ミナ     → ウェートレス1      パク・ウンジョン  → ウェートレス2      ペ・スンヒ     → お隣りおばあさん      イ・サンホ     → 交通警察      パク・ハヨン    → ハン・ヨルム(かつあげされる女子学生1)      イ・ナレ      → イ・ナレ 女子学生2      キム・ビョンイル  → ハン・ヨルムの父 [撮影Bチーム]      キム・ヒョナ    → ルームサロン マダム      パク・ヒョンギョン → ミョンホの母      キム・サンギュ   → 洞事務所職員      イ・ジュノ     → 刑事      ハン・ジェドク   → バスの運転手      チョン・セギョ   → 走る男 [演出部]      イ・グァンヒョン  → 患者      キム・ソックィ   → 調査男 [マネージャー部門]      ファン・ヒソン   → 屋台男1 [スクリプター]      イ・ソンドゥ    → 屋台男2 [制作部長]      イ・ムヨン     → 留置場男1 [監督]      イ・チュニョン   → 留置場男2 [プロデューサー]      イ・ジオ      → 幼いコンソンの声      友情出演      オ・グァンノク   → ヒョンジン テスの友人      LPG              ユナ       → 本人       ハニョン     → 本人       スア       → 本人       ヨノ       → 本人      特別出演      チョン・ソヨン   → チェ・ヨンイム テスの妻       武術チーム       キム・ウォンジュン       チョン・ユノン [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 110分 [観覧基準] 18歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・テホン [制作会社]  [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル] なし [H P] http://cafe.naver.com/cjarthouse(韓国) [撮影場所]  [M-Video] キム・サンジュンキム・フンス,ナム・サンア <どこへ行こうか> [Private ] K-DVD【23】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。