輝国山人の韓国映画
<Home>へ

バス,停留場

自閉的な生活を送る30代の塾講師と援助交際と妊娠の傷を負っている17歳の女子高生の感性を描いた作品

ジェソプは,予備校で国語を教える32歳の講師。背信した過去の恋人や予備校の同僚,大学の同期たちに嫌気を感じて,売春婦以外には何の出逢いも持たない。

そんなジェソプに,自分が教える17歳の少女ソヒが近づく。妊娠したソヒを連れて産婦人科に行くけれど,泣くソヒの肩を抱いてもあげられず,ドライブが好きというソヒの言葉に運転を学ぶけれど,突然消えた彼女に電話ひとつできない。ジェソプは,`停留場` のような男。

一方ソヒは,援助交際をする17歳の高校生。援助交際,妊娠,堕胎,友達の死を体験して,あまりに早く世の中の暗い面を知ってしまっていた。

彼女は,ある日, 寄りかかって休みたい男ジェソプに出会う。セックスを要求する中年男性を冷酷に拒んで,彼に頬を打たれた直後,男の頬をたたき返すほど大胆なソヒの裏面には,好きなジェソプが別の女学生と親しいと嫉妬したり, 妊娠を恐れたりする少女の姿がある。そんなソヒの複雑な内面は,ジェソプに向かって`バス`のように近づくかと思えば離れて,彼の心を痛める。

[製 作 年] 2001年
[韓国封切] 2002年3月8日
[観覧人員] 
[原    題] バス,停留場 버스, 정류장
[英 語 題] Bus stop  L'Abri
[原    作] 
[脚    本] イ・ジェチャン
[監    督] イ・ミヨン [第1作]
[撮    影] パク・キウン
[照  明] イム・ジェヨン
[音    楽] ルーシッド ポール
[美    術] チョ・グニョン
[出    演] キム・テウ     → ジェソプ
         キム・ミンジョン  → キム・ソヒ
         イ・デヨン     → 中年男性
         チェ・バニャ    → 売春婦
         ユ・ボヨン     → ヘギョン ジェソプの同期
         イ・ミョンホ    → 英語教師
         パク・チア     → 数学教師
         ウォン・チャンヨン → 科学教師
         イ・デヨン     → 社会教師
         ハン・ギジュン   → 予備校院長
         ハン・ゴンジュ   → ミジョン ソヒの同級生
         パク・ソングン   → ユンス ジェソプの同期
         ユン・ソンマン   → ジュノ
         キム・イル     → 男性同期
         ホン・ソンナム   → 男性同期
         ク・ヘリョン    → 女性同期1 
         チョン・セラ    → 女性同期2
         チョン・スア    → 女学生1
         ホン・スンヒ    → 女学生2
         ユン・スギョン   → 女学生3
         キム・スア     → 女学生4
         チャン・ヒョニョン → 男子学生1
         チョン・デフン   → 男子学生2 
         オム・ジュンシク  → 男子学生3
         キム・ギョンネ   → 男子学生4
         チョン・ギョンホ  → ハムチギ1
         キム・ジュンテ   → ハムチギ2
         シム・サンウン   → ハムチギ3
         チ・スンハク    → ハムチギ4
         ユ・ヒョングァン  → 屋台主人
         チェ・ミングム   → トッポッキ屋おばさん
         キム・ヨンウン   → 中古車販売員
         チェ・ダイン    → 週番
         ソ・ミョンジ    → 看護婦
         チン・フンギ    → 喧嘩する男1
         ユン・ヨセン    → 喧嘩する男2
         チョン・ミジョン  → 喧嘩を止める女
         ムン・ヨノ     → バス運転手1
         チョン・チュニョン → バス運転手2

         ウ・ギュソン    → キム・テウ マネージャー
         カン・ドンシク   → キム・テウ マネージャー
[受    賞] 
[時    間] 90分
[観覧基準] 15歳未満 観覧不可  
[制 作 者] シム・ジェミョン
[制作会社] (株)ミョンフィルム
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] (K-VHS) → Blu-ray

[お ま け] ・これといった事件もなく,徹底的に二人の男女にだけ焦点を合わせて,淡々とその
          行動と感情の変化を繊細に追いかけていく映画

         ・さあこれから何かが起こると思って見ていたら,エンド・クレジットが流れて始め
          てしまった。(90分の映画でもあるし)

         ・男性主人公<ジェソプ>役を担ったキム・テウは,内面に傷を持った30代の男を
          表現するため,食事量を半分に減らし,ランニング運動をして,76kgの体重から
          9kg減の67kgへの減量に成功したそうだ。



プラウザの「戻る」で戻ってください。