輝国山人の韓国映画
<Home>へ

九尾狐(クミホ)家族

家族を深く愛するけど,愚かで小心な父,セクシーな容貌を持っているが,発情が近いのが明らかな上の娘,いつも父と言い争っている単純無知な息子,可愛い子供の容貌をしているが,何を考えているのかわからない末っ子。 人間になりたい4匹(?)の九尾狐(クミホ)家族は,千年になる日に人間の新鮮な肝を食べれば,本当の人間になれるという膨らんだ期待を抱いて,千年の日を1か月残して都市に現れる。 そして,自らの武器である各種忍術を打ち出して,サーカスを開業し,各自のポジションで人間を惑わすことに熱中する。

だが,千年の時間が流れる間,人間界は,あまりにも大きく変わったし,人間たちは,もはやそんなにくみしやすい存在ではない。 それでも千年の夢をあきらめきれない九尾狐家族。しかし,彼らのサーカスには,町内の子供たちだけがやって来て,血がはねる彼らのサーカスを見て泣いて帰るだけだ。

そんなある日,女性たちに接近しては隠しカメラで写真を撮って売る詐欺師キドンが,偶然にサーカスにやって来て,上の娘に接近する。 このおかしな家族は,怪しいキドンを歓迎して,上の娘との併合を強制的に薦める。 併合の途中に,この家族の正体を知ってしまったキドンは,九尾狐の変身過程をこっそりカメラで撮って,利益を得ようとする胸算用で,特有の小細工を使って,彼らと共に過ごすようになる。そして,サーカス団の募集広告を出せば,人間たちが自分の足で訪ねてくるという妙案を出して,大々的なサーカス団員募集をはじめる。

そうしている間,世の中が沸きかえるようなバラバラ殺人事件が起きる。 担当刑事が急に現れて,猟奇的なサーカスを繰り広げている九尾狐家族を疑って,彼らの周辺を探り始める。 その上,応募したサーカス団員たちは,正常な人が誰もいなくて,痴呆にかかったオ老人は,千年になる日まで粘ることも大変な身体で,肉体が正常なミス・ファンは,暇さえあれば自殺を試みる。 九尾狐家族たちは,千年のその日まで人間たちを生かしておくため,昼夜お金を儲けて看護に東奔西走する。 その上,殺人事件以後,末っ子の行跡は,ますます疑わしくなり,刑事は,捜査網をますます狭めてくる。果たして彼らは,この険しい人間界で千年の夢を実現できるだろうか。

[制 作 年] 2006年
[韓国封切] 2006年9月28日
[観覧人員] 58,904人(ソウル封切館基準)
[原    題] 九尾狐家族 구미호 가족
[英 語 題] The Fox Family
[ジャンル] ミュージカル,ファンタジー,コメディー
[原    案] チョ・ウォンドン
[脚    本] チョン・ヒョンジン
[脚    色] パク・ウナ
[監    督] イ・ヒョンゴン [第1作]
[助 監 督] キム・ジョンオク,イ・グァンヨン
[撮  影] チェ・ジヌン
[照  明] イム・ジェヨン
[音    楽] ポクスンア(桃)
[美    術] チョン・ウンジョン
[武    術] シン・ジェミョン
[出    演] チュ・ヒョン    → お父さん
       パク・チュンギュ  → キドン
       ハ・ジョンウ    → 息子
       パク・シヨン    → 上の娘
       コ・ジュヨン    → 末っ子
       パク・チョルミン  → 刑事
       ウ・ヒョン     → ホン氏 ホン・ジンチョル
       ピョン・シノ    → オ老人
       ユン・ヒョンスク  → ミス・ファン ファン・ジョンスン
       ミン・ジヘ     → コンビニ女
       ハム・ゴンス    → 私債(闇金)業者1
       ユ・ジュンホ    → 私債(闇金)業者2
       パク・ソジョン   → 飲み屋の女
       チャン・スヒョン  → 医師
       ホン・ギョンヨン  → キャバレーおばさん
       チェ・ユルレ    → キャバレーミッシー
       イ・ボンギュ    → 浴場主人
       チェ・ギョンウォン → 刑事班長
       リュ・ソンヒョン  → 警察
       キム・ヨンウン   → 記者 チョン・ギホ
       イ・リム      → ルームサロンマダム
       ピョン・ジュヨン  → キドンの娘
       イ・サンフン    → 中華料理店配達員
       カン・ギュホン   → コンビニ店員 [助監督]
       イ・ガプソン    → 地下鉄の盲人
       イ・ヨンソン    → ショーホスト1
       キム・ミョンソン  → ショーホスト2
       ペク・スビン    → 写真の中の子供

       ベスト・スタントチーム(Best Stunt Team)
       イ・ジウォン    → 代役
       チョン・ソニョン  → 代役
       チョ・ヨンジェ   → 代役
      ウン・ヨンソン   → 代役

      ソウル セクター
      キム・ジミン    → B-Boy
      ユ・グォヌク    → B-Boy
      キム・ソンジュン  → B-Boy
      パク・ウォンソク  → B-Boy
      キム・ミヌン    → B-Boy
      ユン・ジンソク   → B-Boy
      キム・ヒョンジク  → B-Boy
      キム・ジョンフン  → B-Boy
      ソン・チャンソプ  → B-Boy
      キム・ミノ     → B-Boy
      ユンテ・テソン   → B-Boy
      パク・ムンソン   → B-Boy

      シン・ドンソン   → ミュージカル
      ペ・ヨンス     → ミュージカル
      チェ・テウン    → ミュージカル
      チェ・セハン    → ミュージカル
      チャン・ジョンハク → ミュージカル
      イ・グァンヒョン  → ミュージカル
      キム・ヨンホ    → ミュージカル
      イ・ドンファ    → ミュージカル
      イ・ヨウル     → ミュージカル
      チョ・スンウ    → ミュージカル
      パク・キョンス   → ミュージカル
      キム・ジョンミン  → ミュージカル
      キム・ヤンベ    → ミュージカル
      シン・ジヨン    → ミュージカル
      ハン・ソヨン    → ミュージカル
      イ・ジンソン    → ミュージカル
      チャン・ギョンミン → ミュージカル
      イ・ドゥイ     → ミュージカル


       友情出演
       キム・ヒラ     → 導入部コンテナ居住者
       ソヌ・ヨンニョ   → お母さん九尾狐
       カン・ユミ     → 終結部女性記者 カン・ユミ

      武術指導
      ウォンジン


[受    賞] 2007 第43回 百想芸術大賞/女子新人演技賞(パク・シヨン)
[映 画 祭] 
[時    間] 102分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] シム・ジェミョン,イ・ハナ,キム・ヒョンチョル
[制作会社] MKピクチャーズ
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 終了(韓国)
[撮影場所] 
[Private ] K-DVD
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。