輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ヨコヅナ マドンナ   DVD発売

マドンナのような女性になる費用を稼ぐために,シルム(韓国相撲)をするようになった少年を描いた映画

キョンウォン高等学校1年生の無愛想な少年オ・ドング。どっしりしている体つきとは違い,自分は女性だと思っている彼の将来の希望は,「本当の」女性になること。それも,マドンナのように完ぺきな女性になって,片思いする日本語先生の前に堂々と立つこと。

女性になろうとするなら手術費が必要で,持っているものといえば,途方もなく強い力だけのドングには,ぴったり500万ウォンが不足する。そんなある日,飛び込んだ朗報。インチョン(仁川)市杯高等部シルム大会の優勝者奨学金が,500万ウォンだということ。

しかし,ドングは,死ぬ思いだ。よりによって,男子学生たちと上着を脱いで,ありのままの肉で,もまれなければならないシルムとは。マドンナになるために,天下壮士にならなければならない無愛想な少年オ・ドングの「女性になる道」は険しくて,気を失って倒れそうなんだけど。

[制 作 年] 2006年 [韓国封切] 2006年8月31日 [観覧人員] 248,096人(ソウル封切館基準) [原 題] 天下壮士マドンナ 천하장사 마돈나 [英 語 題] Like A Virgin [ジャンル] コメディー,ドラマ [原 作]  [脚 本] イ・ヘヨンイ・ヘジュン [監 督] イ・ヘヨンイ・ヘジュン [第1作] [撮  影] チョ・ヨンギュ [照  明] チュ・インシク [編  集]  [音 楽] キム・ホンジプ [美 術]  [武 術]  [出 演] リュ・ドックァン    → オ・ドング 無愛想な少年      ペク・ユンシク     → シルム部監督      キム・ユンソク     → ドングの父 オ・ヨンテク      イ・サンア       → ドングの母 スジョン      ムン・セユン      → 図体1 ソン・ヨンベ      イ・オン        → シルム部主将 パク・チュヌ      パク・ヨンソ      → チョン・ジョンマン ドングの友人 中華料理店 豊美      キム・ヨンフン     → 図体2      ユン・ウォンソク    → 図体3 キム・ソンシク      キム・ギョンイク    → パク・チンチョル ドングの父の会社同僚      チェ・ジョンウ     → 社長 ドングの父の会社      オ・ユノン       → 社長夫人      キム・ウォンシク    → オ・ドンチョル ドングの弟      チャン・ナミョル    → 担任先生      ユ・スンギュ      → 双子1      ユ・スンミン      → 双子2      アン・ジョンヒョン   → カン・ジェウク ウソン高 選手      チェ・ヨンジョン    → ウソン高 シルム監督      キム・ギュニョン    → ウソン高 選手1      キム・テゴン      → ウソン高 選手2      イ・ハングク      → ウソン高 選手3      シン・ギュソン     → ウソン高 選手4      ユン・ミヨン      → パク・チンチョルの夫人      ミン・ギョンジン    → 所長      カン・セナ       → 秘書      イ・ジュニク      → 建設会社前の子供      チョン・ハンスン    → 移住労働者1      ティルラワハビブ    → 移住労働者2      アルリラジャ      → 移住労働者3      キム・ドヨン      → 太った女性従業員 中華料理店 豊美      パク・トンイル     → チョン・ジョンマンの父 [編集でCut]      イ・ジェグ       → 労働事務所職員 [編集でCut]      クォン・ジェウォン   → 弁護士 チェ・インチョル(崔仁哲) [編集でCut]      ホン・ギジュン     → 警察      カク・ミンソク     → 牧師      チャン・ジヨン     → 相撲大会場 解説者      チョン・ミョンジュン  → 相撲大会場 キャスター      ユン・クァンフィ    → 相撲大会場 相手選手1      キム・ヨンマン     → 相撲大会場 相手選手2      キム・ミンジョン    → 相撲大会場 相手選手3      パク・ミンギ      → 相撲大会場 相手選手4      ソ・ジョンマン     → 相撲大会場 相手選手5      チュ・ジョンヒョン   → 相撲大会場 相手選手6      キム・ジョンオ     → 相撲大会場 相手選手7      キム・ヒョングン    → 相撲大会場 キム・ソンシクの対戦相手選手                     パク・生まれてみたら天下壮士(横綱)になるだろう      イ・スヨン       → 主審      ファン・ギュチョル   → 副審1      チャン・ボグン     → 副審2      キム・ジュンジャ舞踊団 → 舞踊団      クォン・オジン     → 働き手      キム・ビ        → 公演会場 司会者      スーパーキド      → 公演会場 バンド      イ・ヨンジン      → 公演会場 コーラス      イム・インソプ     → 公演会場 コーラス      キム・テジュン     → 公演会場 コーラス      キム・グァンミン    → 小学生ドング      シン・ミンジョン    → 電車女 [編集でCut]      キム・ジヘ       → バス びっくり女 [編集でCut]      成均館大学      ヒップホップサークル  → 自由公園ヒップホップボーイたち      チャ・ジュハン     → 兄弟肉ビュッフェ 主人 [コンテ]      ソン・ソンチャン    → 兄弟肉ビュッフェ 主人 [コンテ]      チョン・ユニ      → ミョン・ボソン ほっそり従業員 [制作会計]      チョン・ドゥファン   → 社長運転手 [制作部]      ファン・ビョンジク   → クラブダンス男      特別出演      草g 剛        → 日本語先生    字幕外       キム・チャム      →  [受 賞] 2006 第5回 大韓民国映画大賞/監督賞       2006 第27回 青龍映画賞/新人監督賞,脚本賞,新人男優賞(リュ・ドックァン)      2006 第7回 釜山映画評論家協会賞/新人監督賞,新人男優賞(リュ・ドックァン)      2006 第9回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の男子新人演技者賞(リュ・ドックァン)      2007 第43回 百想芸術大賞/シナリオ賞      2007 第44回 大鐘賞映画祭/新人男優賞(リュ・ドックァン)      2007 第20回 シンガポール国際映画祭/アジア映画振興協会(NETPAC)審査委員賞 [映 画 祭] 2007 第57回 ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門 招待 [時 間] 116分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] チャ・スンジェキム・ミヒ,キム・ムリョン [制作会社] サイダスFNH,パンチャクパンチャク(きらきら) [制 作 費]  [D V D] CCRE (DVD 3,990円)2009/4/3発売 [レンタル] あり [H P] 終了(韓国)      終了(日本) [撮影場所]  [Private ] K-DVD【40】 J-DVD【40】 [お ま け] ・オ・ドング役のリュ・ドックァンは,この役のために,体重を27kg増やしたそうだ。       ・スパップ(SMAP)の草g剛が,日本語先生役で出演し,堪能な韓国語を披露している。


プラウザの「戻る」で戻ってください。