輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イ・ガンウォン
李岡原
이강원
I Kang-Won

1930年2月8日 ピョンヤン(平壌)で出生 本名:イ・サンヨプ

1949年 ソウル映画社研究生として映画界に入門
      イ・ピョンイルチョン・チャングンなどの監督の助監督として演出勉強をする。

1950年 ソウル大学校 歯科大学 中退

      軍入隊

1956年 軍除隊 

1959年 日本から帰国した若い制作者チョン・ホンシクと新人監督イ・ソンクなどとともに
      韓国映画のニューウェーブを標榜して結成した新鋭プロダクションの創立メンバー
      中の一人として,イ・ソンク監督の<若い表情>(1960)に続き,2番目作品<残酷
      に殺せ>をデビュー作として準備したが,実際のデビューは,<この瞬間のために>
      (1961)となる。

1961年 <この瞬間のために> で監督デビュー

      以後,<29才のお母さん>(1962など,7本の作品を監督した後,しばらく映画界
      を離れる。

1968年 ベトナム戦前線を撮影したドキュメンタリー<トッコ・ジョンソン>を編集して,
      再び映画界に戻る。

       1968 第7回 大鐘賞映画祭 編集賞


      以後,KBSへ席を移して教養ドキュメンタリーを演出する。

1971年 ABU-TV 特別賞(人間勝利:愛と博愛)

1975年 韓国放送大賞(私たちは証言する)

1979年 ABU-TV 大賞,NHK特別賞(人間勝利:声というのは何ですか?)

1990年 韓国放送大賞(ドキュメンタリー 朝鮮戦争)


 

1961年
1962年
1963年
1963年
1964年
1964年
1965年
この瞬間のために
29才のお母さん
虎の尻尾を踏んだ男
強情
地獄は1万ウォン
チン峠紳士
逃亡者



【BACK】 (一覧ページへ)