輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イ・ガンチョン
李康天
이강천
I Kang-Cheon

1921年12月20日 忠清南道 ソチョンで出生

      東京美術学校に留学
      卒業後,美術界で従事する。

1948年 イ・マヌン監督の<切れた航路>>で美術を担当

1954年 <アリラン> 監督デビュー作
       韓国で最初に韓米合作で制作
       両国の俳優が出演した反共映画

1955年 <ピアゴル> 監督
       戦後,チリ(智異)山に根拠を置いて活動したパルチザンを
       素材にした作品で,イデオロギーとヒューマニズムの間で葛
       藤するパルチザンの姿を写実的に描いたという好評を受ける。

       また,当時パルチザンを人間的に描いたという理由で反共意
       識が不足しているという批判を受けた作品でもある。

        1955 第1回 クムニョン映画賞/作品賞,監督賞

1958年 <生命> 監督
       韓国初のシネマスコープ映画

      以後,<置いて来た山河>(1962),<死んだ者と生きた者>(1966),
      <大佐の息子>(1968)など,一連の戦争映画を相次いで監督した。

1971年 <他人になったあなた> 最後の演出作品

1971年2月10日 韓国映画関係者協会 監督分委委員長
           公演倫理委員会 映画審議委員


      監督引退後は,本来の特技である美術に没頭し,1981年には,東洋
      画個展を開催した。

1993年9月 2日 持病で死去



1954年
1955年
1956年
1956年
1957年
1958年
1958年
1958年
1958年
1959年
1960年
1960年
1961年
1961年
1962年
1962年
1963年
1963年
1964年
1964年
1964年
1965年
1966年
1966年
1966年
1968年
1968年
1968年
1968年
1971年
アリラン[デビュー作]
ピアコル
撃退(私たちはこのように戦った)
白痴のアダダ

美しい悪女
終末なき悲劇
ある人生
生命 [韓国初のシネマスコープ映画]
若妻
青春の花園
愛の歴史
旅人
この瞬間のために
置いて来た山河
無情
八剣客
洛東江七百里
首陽と白頭巾
私は騙された
美女と盗賊
生きなければならない(別名:へそ大監(テガム))
南北千里
鶏龍山(ケリョンサン)
死んだ者と生きた者
大佐の息子
流星の剣
ある瞳
公山城(コンサンソン)の血闘
他人になったあなた
[最終更新] 2014-06-11
 



【BACK】 (一覧ページへ)