輝国山人の韓国映画
<Home>へ

スセク(水色)駅

1990年代後半になっても,ソウルのスセク(水色)洞は,貧しい町であった。

首都圏のゴミ埋立地であるナンジ(蘭芝)島が,すぐそばにあったし,毎日のように過ぎ行くゴミ運搬車でいやな臭いがいっぱいだった。自然とお金なくて,貧しい人々だけ残ることになった。

そうしている間,大韓民国が,2002年ワールドカップを誘致することになる。政府は,ソウルにワールドカップ競技場を建設しなければならなかったし,値段が安くて広いナンジ(蘭芝)島周辺の土地に注目した。

金持ちの再開発関連業者もスセク(水色)に入ってき始めた。スセク(水色)には,幼い時期から仲良くしていた4人のの友だちがいたが,彼らのある友だちも再開発に関連した仕事をすることになる。

これを契機に,貧しい町だったが,平凡で仲良くすることができた友人たちの友情にひびが入り始める。表現に習熟することができない青春の感情が爆発する。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2014年
[韓国封切] 2016年3月31日
[観覧人員] 
[原    題] スセク(水色)駅 수색역
[英 語 題] Su saek
[ジャンル] ドラマ,アクション
[原    作] 
[P  D] アン・ジホ
[脚    本] チェ・スンヨン
[監    督] チェ・スンヨン [第1作]
[助 監 督] チョン・ソグィ,クォン・セジョン,チョン・ヘグン
[撮  影] ホン・スイル
[照  明] キム・チュノ
[音    楽] キム・ミンテ
[美    術] キム・ジュンファン
[武    術] 

[出    演] メン・セチャン   → ユンソク
      コン・ミョン    → サンウ
      イ・テファン    → ウォンソン
      イ・ジンソン    → ホヨン
      キム・ギヒョン   → キム・ウォン
      キム・シウン    → ソンミ
      キム・ヘリ     → ユソン
      キム・ビオ     → サンウの父
      パク・ヘジン    → サンウの母
      シン・ジョンソプ  → ウォンソンの父
      アン・ヒョンジョン → ユンソクの母
      チャン・ソンウォン → 工場主人
      キム・ジハン    → トッタバン社長
      カン・ヒョヌ    → 工業高校 先生
      イ・ウンソク    → 人文系 先生
      パク・クァンソク  → 運転手
      イ・ユンギョン   → 看護師
      チョ・ヒョンネ   → 看護補助
      ユ・ジェグン    → 看護補助
      クォン・ヒョクサン → ヒョンサン(ヒョンサ=刑事の誤り?)
      キム・ギボム    → ヒョンサン(ヒョンサ=刑事の誤り?)
      イ・ヘリ      → 眼科 看護師
      キム・スボク    → 不動産紹介所 おじいさん
      キム・ムンジョン  → 医師
      クォン・テッキ   → 患者
      ユン・グファン   → 患者
      ナ・ギチャン    → 患者


[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 112分
[観覧基準] 青少年 観覧不可
[制 作 者] 
[制作会社] 
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] なし

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。