輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キムチを売る女

中国北部の片田舎でキムチの露天商をして幼い息子と細々と暮らす韓国系中国人の女性の孤独と絶望をストイックな演出と詩情豊かな映像で綴る異色ドラマ

中国の辺境,朝鮮族のチェ・スニは,息子チャンホとともに故郷へ行く日だけを待って,なめ尽くすようにかすめて行く傷を胸中深くにうずめたまま,三輪車をあちこち引いて,朝鮮キムチを売って一日一日をかろうじて生きている。

そうしている間,チェ・スニは,同じ朝鮮族の人で,身近になった妻帯者キム氏を知るようになって,彼との隠密な関係で小さい逸脱を夢見る。

しかし,キム氏の夫人が,二人が一緒にいる現場を急襲し,キム氏は,お金を与えて寝ただけだと言い逃れ,チェ・スニは,結局,売春婦として集められ警察に連行される。

まったく抵抗せず素直に警察署に引きずられて行ったチェ・スニは,キムチ売りの得意客であるワン警察官に会う。

これまで良い人に見えた彼は,夜になるとすぐに,一人で無防備な状態で監禁されているチェ・スニを訪ねてきて,彼女を解放する代わりにある種の代価を要求する。

警察署から解放されたチェ・スニは,息子チャンホにもう故郷へ戻ろうと話す。しかし,次の日,チャンホは,不意の事故に会ってしまう。

[制 作 年] 2005年
[韓国封切] 2006年3月24日
[観覧人員] 
[原    題] マンジョン 망종(芒種)
[英 語 題] Grain in Ear
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] 張  律(Lu Zhang)
[監    督] 張  律(Lu Zhang) [第2作]
[撮  影] 劉 勇 宏(Liu Yong Hong)
[照  明] 馮  強(Feng Qiang)
[音    楽] 
[美    術] 張  慧(Zhang Hui)
[出    演] 劉 蓮 姫      → チェ・スニ キムチ売り
      (Liu Lianji)
      金  博      → チャンホ スニの息子
      (Jin Bo)
      朱 光 弦      → キム氏 自動車工場の技師
      (Zhu Guangxuan)
      王 同 輝      → ワン警察官
      (Wang Tonghui)
      史  詩      → 
      劉 書 和      → 
      路 亞 麗      → 
      阮 ノ 雲      → 
      常  妅      → 
      陳  潁      → 
      趙  培      → 
      張  晴      → 
      張 局 璃      → 
      賀 根 宇      → 
      孫  磊      → 
      李 謙 義      → 


      友情出演

      張  慧
      劉 敬 之
      鄒 海 彬
      王 海 明
      張  偉
      朱  航
      金  利
      李 海 曙
      幹 玉 生
      毛 建 国
      王 海 明
      張  磊
      李  程
      馬 賀 民
      王 
      楊  佳
      劉 蓮 娣
      李 新 彦
      張 永 生
      馮  強
      候 祿 祥
      王 雪 岩
      余 善 学
      崔  蘭


[受    賞] 2005 第10回 プサン(釜山)国際映画祭 ニューカレンツ賞
      2005 第58回 カンヌ映画祭 批評家週間 フランス独立映画配給協会(ACID)賞
      2005 第41回 ピサロ映画祭 ニューシネマ部門 大賞
      2006 第26回 韓国映画評論家協会賞/国際映画評論家協会賞 
      2006 第12回 フランス プジョル映画祭 大賞
      第12回 フランス ベスル(Vesoul)アジア映画祭 大賞
      第32回 シアトル国際映画祭 新人監督 審査委員特別賞
      第12回 プジョル映画祭 大賞
      第9回 スペイン バルセロナ アジア映画祭 大賞
      シネマノボ映画祭 大賞
      トゥオース アジアフィルムフェスティバル 観客賞,大賞

[映 画 祭] 2005 バンクーバー映画祭 龍虎賞部門 招請
      2005 シカゴ映画祭 競争部門 招請
      2005 テサルロニキ映画祭 競争部門 招請
      2006 ロッテルダム映画祭 招請
      2006 アルゼンチン マデルプラタ映画祭 非競争部門 招請
      第27回 バンコク映画祭

[時    間] 109分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] チェ・ドゥヨン,高紅女
[制作会社] ドゥ エンターテイメント
[制 作 費] 
[D V D] オンリー・ハーツ
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] なし

[お ま け] ・原題の<マンジョン(芒種)>とは,二十四節気の一つで,陽暦の6月6日ごろ
       のことで,麦を刈り取るとともに,稲の苗を植えることとなる一年で最も忙しい
       時期



プラウザの「戻る」で戻ってください。