輝国山人の韓国映画
<Home>へ

愛人 もうひとりのわたし   DVD発売

有能な弁護士の夫と娘ミンジ,そして自分の職業であるキュレーターとしての自負心と愛情。ユジン(チ・スウォン)の人生は,これ以上うらやましいことがなく安楽だ。

ユジンの双子の姉スンジンが米国から戻るという便りがくる。姉は,人を惹きつける妙なカリスマを持っていて,ユジンには憧れと畏敬の対象だ。だが,姉に会えるという期待感の中にも漠然とした不安感を感じる。

米国から一人で帰国した姉の夫ジノ(キム・ミョンス)は,姉が自殺したという信じられない事実を知らせる。それは,ユジンには衝撃的だが,夫と友達らはむしろ淡々としている。姉の死に動揺するユジンに姉の夫ジノが寄りそい,ユジンもジノの肉体が馴染んでいる。ユジンは混乱し,夫は二人の関係を疑う。

姉の死に疑惑を感じたユジンは,偶然にアートラバーというIDの男(ク・ピル)に通信で会う。姉の死の唯一の糸口を提供する謎の男アートラバーは,ユジンが知らない姉の過去を鋭く知っている。ユジンが記憶していない過去の話が潮が満ちるように押し寄せ,姉の死に対する疑惑はますます大きくなって行く。

[製 作 年] 2000年
[韓国封切] 2000年9月23日
[観覧人員] 6,019人 2000年 第39位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] バニシング・ツイン 배니싱 트윈
[英 語 題] Vanishing Twin
[原    作] 
[脚    本] ソン・ドス,ユン・テヨン
[監    督] ユン・テヨン [第1作]
[撮    影] コ・スボク
[照  明] ソン・ジェソク
[音    楽] チョン・ソンシク
[美    術] ハ・ジョンミ(アートディレクター)
[出    演] チ・スウォン   → ユジン
         ク・ピル     → アートラバー
         キム・ミョンス  → キム・ジノ ユジンの姉スンジンの夫
         シン・ヒョンジュ → ミョンス ユジンの夫
         イム・ジウン   → チョンファ
         パク・インソ   → キョンソ
         キム・ジュヒ   → スンジン
         キム・インギョン → 幼いユジン
         チェ・ジウン   → ミンジ ユジンの娘
         ホ・ジョンス   → 男1
         イ・ジョンヨン  → 男2
         ソ・ドジン    → 少年
         チャン・ミョンヒ → 家政婦
         イ・ムヨン    → 友情出演

[受    賞] 
[時    間] 107分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] ヨ・ハング
[制作会社] (株)Y2シネマ
[ビ デ オ] ケングルーヴ(ビデオ \16,000 DVD \4,700)
[レンタル] あり
[H    P] 
[撮影場所] 
[Private ] (K-VHS) → Blu-ray  KMDb

[お ま け] ・原題の<バニシング・ツイン>とは,母胎の中に孕まれるけど,生まれずに消滅
          してしまう双子を示す医学用語


プラウザの「戻る」で戻ってください。