輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ナンバー・スリー   DVD発売

暴力組織とチンピラの話を,コミカルながらも奇抜なアイディアと独特のキャラクター開発で興行に成功した作品で,新人ソン・ヌンハン監督のデビュー作
網のようにからまった主人公8名の話が,7つの段落で構成される。
映画の中のキャラクターは単純だが,明快な彼らだけの哲学を持っている。

ナイフ一本で15年間チンピラをしてきたテジュ(ハン・ソッキュ)は,組織内のクーデターに気がついて,ボスのカン・ドシク (アン・ソックァン)を死の危機から助け出す。

この事件でテジュは背信勢力の拷問にあうけれど,クーデターはまもなく鎮圧され,ボスを救ったテジュは,反乱を鎮圧したジェチョル (パク・サンミョン)に続き,トガン派のNO.3になる。

しかし,テジュは,自分をNO.2だと考えて,組織のNO.1になろうと決意し,近づく21世紀の国際時代に備えて日本語を勉強している。

テジュの妻でホステス出身のヒョンジ(イ・ミヨン)は,夫の職業に不満で,エセ雑誌社の誘惑で詩人になると決意し,紫スカーフのインチキ詩人ランボー(パク・クァンジョン)を個人教授に選んで,二人は,愛し愛される境遇となる。だが,それもつかの間,二人はテジュの子分に見つけられ,ランボーは殴られてルームサロン<カオス> のマダムでボスの夫人ジナ (パン・ウニ)に渡される。

テジュと同じアパートに住むチンピラ検事マ・ドンパル(チェ・ミンシク)は,チンピラを暴力で制圧することで悪名高い。彼は,アパートでテジュに会うごとに,彼に警告する。

その頃,ドシクの請負殺人に失敗したテジュの孤児院時代の同期チョピル (ソン・ガンホ)は,「不死組」を組織し,復讐を決意して部下とともに山にこもって地獄の訓練をしていた。
  

[制 作 年]  1997年
[韓国封切] 1997年8月2日
[観覧人員] 297,617人 1997年 第7位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題]  ナンバー3 넘버 3
[英 語 題] Number Three NO.3
[ジャンル] コメディー,犯罪,アクション
[原    作] 
[脚    本] ソン・ヌンハン
[監    督] ソン・ヌンハン
[助 監 督] キム・ドンウク
[撮    影] パク・スンベ(朴承培)
[照  明] キム・ガンイル
[音    楽] チョ・ドンイク
[出    演]  ハン・ソッキュ   → ソ・テジュ No.3 
         イ・ミヨン     → パク・ヒョンジ テジュの妻
         チェ・ミンシク   → マ・ドンパル 検事
         アン・ソックァン  → カン・ドシク 組織のボス
         パク・クァンジョン → ランボー 詩人
         パン・ウニ     → ジーナ ボスの妻
         パク・サンミョン  → ジェチョル チェトリ(灰皿) No.2 
         ソン・ガンホ    → チョピル 不死組組長 
         イ・ジョンサン   → オルクン 不死組
         ナム・ヒョソン   → チョボク 不死組
         ミン・ドギ     → マルボク 不死組
         ソン・ミンソク   → チャック テジュの子分
         キム・ジニョン   → コム(熊) テジュの子分
         キム・ホジン    → ウンチャン  
         チョン・ジンテ   → トルパク
         チョン・ホンニョル → イタチ クーデタを起こす幹部  
         カン・スンヨン   → コウモリ
         ソン・ヨンタク   → ハイエナ  
         ペ・ジュンシク   → タンカル(単刀) トッキ組ナンバー2 テジュと孤児院同期
         パク・キルス    → ヨムジェンイ 私娼街 女郎屋主人
         チョン・ソンガプ  → チャンス  
         イ・ソンホ     → チャンジョン
         イ・ヒョンス    → 渡辺 日本やくざ中間ボス
         クォン・オジン   → 田口
         シン・スンシク   → パク弁護士
         クァン・ボクトン  → パン係長 検察捜査官 
         イ・ジョンウク   → 屋台主人
         ソ・ウシク     → 厨房長
         リュ・ヒョンチョル → 厨房長補助
         ホン・ソクチョン  → 姦通男  
         キム・ドンイル   → 出前持ち
         チョン・ウンジュ  → サラリーウーマン  
         キム・ソク     → テジュの息子
         コ・ジンミョン   → ルームサロン社長
         クォン・ジノン   → パク社長
         チャン・デユン   → やくざ
         クォン・ジェウォン → テジュのボディガード
         ハン・サンウク   → テジュのボディガード
         パク・ソンウン   → テジュのボディガード
         ムン・ギョンヒ   → 姦通女
         クォン・ソンヨン  → 武術監督
         ヤン・ギリョン   → 武術
         イ・ホンピョ    → 武術
         イ・サンヨン    → 武術
         ウォン・プンヨン  → 武術
         キム・ソンジュン  → 武術
         パク・ハンサム   → 武術
         シム・ジェウォン  → 武術
         キム・ジョンウク  → 武術
         オ・サンフン    → 武術
         チョン・イルウォン → 武術
         パク・サンヒョン  → 武術
         チョン・ユニョン  → 武術
         ソ・ジョンス    → 武術
         パク・クンソク   → 武術
         ソ・ジャンソク   → 武術
         ハム・チョルフン  → 武術
         ソ・ミョンソク   → 武術
         カン・ヒョンジュ  → 武術
         チョン・ボンヨン  → 武術
         チョン・ソンイル  → 特別出演(KINO 編集長)
         カン・ホン     → 特別出演(大衆音楽評論家)
         キム・ホンジュン  → 特別出演(映画監督)

         字幕外
         イ・リム      → 
         クム・ジュニ    → 

[受    賞] 1997 第35回 大鐘賞映画祭:新人男優賞(ソン・ガンホ)
      1998 第18回 青龍映画賞:助演男優賞(ソン・ガンホ),新人監督賞,脚本賞
         1998 第34回 百想芸術大賞:シナリオ賞(ソン・ヌンハン)
         1998 第18回 韓国映画評論家協会賞:男性演技賞(ソン・ガンホ),脚本賞(ソン・ヌンハン)
         1998 第21回 黄金撮影賞授賞式:銀賞(パク・スンベ)
[時    間]  108分
[等    級] 18歳以上 観覧可
[制 作 者] キム・インス
[制作会社] (株)フリーシネマ
[ビ デ オ] アミューズソフトエンタテインメント(DVD 4,800円)
[レンタル] あり
[撮影場所] 
[Private ] Jd-Video J-DVD
[最終更新] 2010-05-19
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。