輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キャラクター

一時は注目される新人作家であったスヨンは,生計のために興行映画監督のモ・ジェウォンの補助作家の仕事をしている。

繰り返す話と枠にはまったキャラクターを作り出しながらも,これがいつも「新しい試み」であり,「現実」と包装するチェウォンの作業は,スヨンだけでなく,チェウォンさえも疲労感を感じさせる。

じめじめした現実を跳び越えることができる小説を夢見たスヨンは,用心深くキャラクターの解放を夢見てみるが,力に余った現実の中で,スヨンの野望は,虚栄に過ぎないことを悟ることになる。

[制 作 年] 2011年 [韓国封切] 2012年3月8日 [観覧人員]  [原 題] キャラクター 캐릭터 [英 語 題] Characters [ジャンル] ドラマ [原 作]  [脚 本] ソン・グァンジュ [監 督] ソン・グァンジュ [第1作] [撮  影] イ・ヒョンビン [照  明] キム・ギョンソク [音 楽]  [出 演] スヒョン     → 女 / イ・スヨン       イ・ファン    → 男 / モ・ジェウォン       ファン・ウンス  → 男のフィアンセ / チャン・アギョン       ミン・ギョンジン → 男の父 / 評論家       イ・ウンジェ   → 女の兄 / ボーイフレンド       チェ・ウンジュ  → 酒場女       ホン・ソギョン  → 女の父       キム・ハミン   → ヘジン / 母       特別出演       キム・タニョン  →  [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 99分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] ソン・グァンジュ [制作会社]  [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。