輝国山人の韓国映画
<Home>へ

黒い家    DVD発売

スマートな保険会社の調査員と,苦痛も感情もない前代未聞のキャラクター,サイコパスとの保険金をめぐる対決を描いた作品

初めての出勤の日,トンプ保険の調査員チョン・ジュノは,1人の女性からかかってきた相談電話を受ける。「自殺した場合,保険金はもらえるのでしょうか?」彼は,相談者の個人情報を話したり,同情心を表現してはいけないという警告文句が目にはいるが,自分の名前とメッセージを言ってしまう。

何日か後,チョンジン(清津)洞の保険加入者の家。訪問を要請した男は,ジュノに居間のそばのドアを開けてくれるように頼む。そこには,7歳の幼い息子が首をくくったまま死んでいた。しかし,彼をより一層混乱に落とし入れたのは,その瞬間,自分の顔色をうかがう父パク・チュンベのまなざしだった。

加入者の生命を保護するための保険が,人を殺すこともあるのだろうか。ジュノは,少年の死が,父による尊属殺人と確信して保険金支給を停止させてしまう。

しかし,警察のすべての証拠は,完ぺきな自殺を立証してしまう。保険金の支給を要請しながら,自殺をはばからない父パク・チュンベは,今日もトンプ保険 の窓口にやってくる。

5年前にパク・チュンベと再婚したシン・イファに3億ウォンの死亡保険金がかけられていることが明らかになる。息子を失った母の顔は,可憐なことこの上ない。ジュノは,彼女を助けたいが,死が連鎖的に続き,死の痕跡が次々に現れる。

果たして彼らは誰なのか,5人の死の真実は何か。迷宮を追うジュノと疑問の殺人者との対決の果てには,驚く真実が隠されていた。

[制 作 年] 2007年
[韓国封切] 2007年6月20日
[観覧人員] 1,408,882人 2007年 第20位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 黒い家 검은집
[英 語 題] Black House
[ジャンル] 恐怖,スリラー,ミステリー
[原    作] 貴志祐介 「黒い家」
[脚    本] イ・ヨンジョン
[脚    色] キム・ソンホ
[監    督] シン・テラ [第1作]
[撮  影] チェ・ジュヨン
[照  明] イ・ソンジェ
[音    楽] チェ・スンヒョン
[美    術] チョ・ファソン
[出    演] ファン・ジョンミン → チョン・ジュノ トンプ保険調査員 審査チーム
       ユソン       → シン・イファ チュンベの妻
       カン・シニル    → パク・チュンベ 保険契約者
       キム・ソヒョン   → チャン・ミナ ジュノの恋人 医師
       キム・ジョンソク  → ナム・サンス課長 トンプ保険
       ユ・スンモク    → マ・ヨンシク 特殊調査員
       チョン・インギ   → オ刑事
       イ・ヘヨン     → ハン・スンギュ ホンチョン大学校心理学科助教授
       キム・ジュヒ    → キム・テヨン チュンベの小学校同窓生 元保険勧誘員
       イ・ギョンフン   → キム刑事
       カン・ムニ     → コ・ミジャ トンプ保険 女性職員
       イ・チャニョン   → カン・ギテ 入院患者
       イ・ジュシル    → 女教頭 チュンベの卒業小学校
       キム・ヨンソン   → ホンヨンの母
       キム・ヨンピル   → リポーター
       キム・スンフン   → 検視官
       ソン・ジナン    → 医師
       ソン・ホスン    → 傷跡男
       チャ・スンニョル  → 叔父
       チェ・チョンジャ  → 雑貨屋おばあさん キョンイルスーパー
       ヨ・ミング     → トンプ保険 男性職員
       ハン・サンチョル  → トンプ保険 男性職員
       ア・ソンウォン   → トンプ保険 男性職員
       ハン・サンジュン  → トンプ保険 男性職員
       キム・ヘジョン   → トンプ保険 女性職員
       ホン・コウン    → トンプ保険 案内女性職員
       ユ・ジヨン     → トンプ保険 窓口女性職員
       チェ・ウンナム   → トンプ保険 窓口女性職員
       チョン・ギョン   → トンプ保険 窓口女性職員
       チャン・ジイン   → トンプ保険 窓口女性職員
       ファン・ウンジ   → トンプ保険 窓口女性職員
       キム・スネ     → トンプ保険 窓口女性職員
       ウォン・エリ    → トンプ保険 窓口女性職員
       ムン・ジヨン    → トンプ保険 窓口女性職員
       チェ・ビョル    → トンプ保険 窓口女性職員
       イ・スンウン    → トンプ保険 窓口女性職員
       キム・ドユン    → ナイロン患者
       ファン・チュナ   → ナイロン患者
       ソン・ビョンウク  → ナイロン患者
       イ・ドヒョン    → ナイロン患者
       ユン・ジェソン   → ナイロン患者
       ソン・チァンホ   → ナイロン患者
       キム・サンテク   → ナイロン患者
       チェ・チャンミン  → 屋台主人 [撮影Cチーム]
       キム・ミンソン   → ジュンソク
       チェ・スハン    → 幼いジュノ
       ペ・ソヨン     → 幼いイファ/イ・ホンヨン(ラストの女の子)
       シン・ジェフン   → 幼いチュンベ
       キム・ヒス     → パク・ポフン チュンベの息子
       クォン・スヒョン  → 悲鳴少女
       ホン・インモク   → 幼いジュノの友人
       イ・ジオ      → 幼いジュノの友人
       ヤン・ホンジュン  → 幼いジュノの友人
       ムン・ガヨン    → 声出演
       ムン・ポクトン   → 声出演
       パク・トンジュ   → 声出演
       ソ・ソンジュ    → 声出演

         字幕外
       貴志祐介      → トンプ保険の客 [原作者] [編集でCut]
       イ・ヨンジョン   → トンプ保険の客 [脚本家] [編集でCut]

[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 103分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] ユ・イラン
[制作会社] CJエンターテイメント
[制 作 費] 
[D V D] 角川エンタテインメント(DVD 4,935円)2008/9/5発売
[レンタル] あり
[H    P] http://www.psychopath.co.kr/(韓国)
       http://www.kuroiie.jp/(日本)

[撮影場所] 東部金融ビルディング 東部生命保険株式会社
      大韓住宅公社 クァンミョン(光明)駅新圏 事業団
      クァンミョン(光明)市庁
      シンタンリ(新炭里)駅
      テグァンリ(大冠里)駅 マンガ2踏切
      カトリック大学 医科大学
      ナモン(南原)中央病院
      クンサン(群山)医療院
      チョンプク(全北)大学校病院
      チョンウプ アサン病院
      イルサン(一山)ソンジョ2団地 セギョンアパート
      ユハン(柳韓)大学
      チョンジュ(全州)ワンサン(完山)区庁 税務課
      ソンチャン警察署
      ソウル特別市 カンドン(江東)区 コドク川
      チョンジュ(全州)市 ワンジュ(完州)ポンドン小学校 ヤンファ分校
      クンサン(群山)スンファウォン(昇華院)
      クンサン(群山)ウォルミョン水源地
      ソムジンガン(蟾津江) セウォル橋
      チョンジュ(全州) キリンアパート

[原 作 本] 貴志祐介 「黒い家」角川ホラー文庫 714円 1997年度の日本ホラー小説大賞受賞

[Private ] K-DVD【13】 J-DVD【13】 ★★★☆☆
      J-Blu-ray-Rec(王と私55〜60)
      J-Blu-ray-Rec(風の国 32〜36) 日本映画「黒い家」(1999年:森田芳光監督) 

[お ま け] ・映画の中で出てくる<サイコパス(Psychopath)>とは,人間が感じる喜怒哀楽の
        感情が存在しない精神疾患者の診断名

       ・人間行動を調節する前頭葉の先天的な異常により,攻撃性を抑制するセロトニン成
        分が欠如しているので,犯行が自分の意志ではないこともあるという。


       ・原作は,1997年度の日本ホラー小説大賞を受賞した貴志祐介の「黒い家」

       ・原作の貴志祐介氏と脚本のイ・ヨンジョン氏は,トンプ保険の窓口で相談する客の
        役で出演したが,編集でカットされてしまった。

      ・編集でカットされた場面といえば,チョン・ジュノとトンプ保険の女性職員コ・ミ
       ジャ(カン・ムニ)とのエレベーターを巡る面白い場面が,冒頭と最後にあったそ
       うだ。上記の貴志祐介氏の出演場面とともに,販売用DVDに収録されています。


       ・日本では,森田芳光監督により映画化されており,1999年11月13日に公開された。

       ・保険調査員チョン・ジュノ(ファン・ジョンミン)の役は内野聖陽,保険契約者パ
        ク・チュンベ(カン・シニル)の役は西村雅彦,その妻シン・イファ(ユソン)の
        役は大竹しのぶが,それぞれ演じた。


プラウザの「戻る」で戻ってください。