輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キル・ボクスン   NETFLIX

‘請負殺人’が本業だが、表から見るには平凡なイベント会社であるMK ENT.所属キラーのキル・ボクスン (チョン・ドヨン) は、‘作品’は、必ず成しとげる成功率100%のキラーであり、10代の娘をもつお母さんだ。

業界では誰も触れることができないエースだが、娘のチェヨン (キム・シア)との関係は、下手なだけのシングルママである彼女は、自分と娘の間の壁を崩すために退社まで決心する。

MK ENT.の代表チャ・ミンギュ (ソル・ギョング)の再契約提案の答を先送りしたまま、最後の作品に入ったポクスンは、任務に隠された真実を知るようになった後、会社が許可したことは必ず試みなければならないという規則を破ることになる。

その消息を聞いたMK ENT.はもちろん、すべてのキラーのターゲットになってしまう。

死んだり殺したり、避けられない対決が始まる。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2023年 [韓国封切] 2023年3月31日 [観覧人員]  [原 題] キル・ボクスン 길복순 [英 語 題] Kill Boksoon [日 本 題] キル・ボクスン [日本公開]  [ジャンル] アクション [原 作]  [P  D] モ・イリョン [脚 本] ピョン・ソンヒョン [脚 色] ピョン・ソンヒョン [監 督] ピョン・ソンヒョン [第5作] [助 監 督] イ・テソン [撮  影] チョ・ヒョンネ [照  明] イ・ギルギュ (Milestone) [編  集] キム・サンボム (Kim Sang-Bum Studio) [音 楽] キム・ホンジプ、イ・ジニ [美 術] ハン・アルム (ART COMPANY HAN) [武 術] チャン・ジェウク (Triple-A)、ノ・ヒョンギ (Triple-A) [出 演] チョン・ドヨン      → キル・ボクスン       ソル・ギョング      → チャ・ミンギュ       キム・シア        → キル・ジェヨン       イ・ソム         → チャ・ミンヒ       キム・ソンオ       → シン・サンサ       イ・ヨン         → キム・ヨンジ       チェ・ビョンモ      → ヒョンチョル       キム・ギチョン      → スグン       パク・クァンジェ     → クァンマン       チャン・インソプ     → ユンソク       キ・ジュボン       → キ代表       キム・ジュンベ      → ペ代表       イ・ヨンソク       → ソク代表       キム・ヨンジュン     → ヨン代表       パク・セヒョン      → 幼いポクスン       イム・ジェイン      → イ・ソラ       チェ・ヒョンジュ     → ユ・チョルウ       イ・スンヨン       → ソラの母       キム・ジェファ      → チョルウの母       ユン・ギョンホ      → 校長先生       キム・ヒョンジェ     → キョンピョ       チョ・ヒョヌ       → カン刑事       ヨン・ボラ        → お母さん1       ファソン         → お母さん2       ペ・ジェヒョン      → チンソン       チョ・ヨンジン      → ヨンジン       ユ・ミョンジョ      → オ・ジョンシクの息子       アン・ソンボン      → M.K. 案内デスク職員       イ・スボン        → M.K. トイレ男       パク・リャンウ      → M.K. 作家1       キム・デハン       → M.K. 作家2       チェ・チュンニョル    → M.K. 作家3       キム・チョルジン     → 死体 清掃夫1       チェ・ユンビン      → 死体 清掃夫2       ソク・ウン        → チェ中佐       シン・チェリン      → 一等席 ラウンジ子供       チョン・ミンソプ     → 一等席 ラウンジ子供の父       アイラック・キム     → キラー代表1       パク・シジン       → キラー代表2       チン・ヘソン       → キラー代表3       シン・ガンギュン     → キラー代表4       ユ・ヒョジョン      → キラー代表5       キム・ヒョンギ      → キラー代表6       キム・ジェヒョン     → キラー代表7       キム・ジハン       → キラー代表8       トニヨル・トゥライェフ  → ロシアンマフィア1       カディルルリエフ        ・ポロディミル     → ロシアンマフィア2       サビトキ・キリル     → ロシアンマフィア3       ジェフリー・カデッ    → ロシアンバーテンダー       クルバノフ・エルヌル   → ロシアン船員1       ラファイェフ・マクシム  → ロシアン船員2       プロンスキー・ドミトリー → ロシアン船員3       ドミトリー・チュバレフ  → ロシアン船員4       サリウク・イェフゲン   → ロシアン船員5       オストロフスキー        ・オレッグ         ・アンドレビッチ   → ロシアン船員6       ニコライ・プロトポポフ  → ロシアン船員7       ニノ・ペベツ       → ロシアン船員8       アンドゥレアス・フロンコ → ロシアン船員9       タニル・クズネコフ    → ロシアン船員10       コ・グァンイル      → ボーダー1       キム・ミンジェ      → ボーダー2       キム・ジェソン      → ボーダー3       ソン・ミンジュン     → ボーダー4       シン・ドンファン     → ボーダー5       チェ・ジュンウ      → ボーダー6       ユン・セウン       → アナウンサー1       イ・ユリ         → アナウンサー2       ハ・ジヒョン       → アナウンサー3       友情出演       イ・ヘヨン        → オ・ジョンシク       チャン・ヒョンソン    → ポクスンの父       イ・ジェウク       → 若いミンギュ       イ・ルアン        → 先生       ファン・ジョンミン    → おだ・しんいちろう       ク・ギョファン      → ハン・ヒソン [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 137分 [観覧基準] 歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・ジニ [制作会社] (株)シアッフィルム [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [NET 配信] NETFLIX [H P]  [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)      Wikipedia


プラウザの「戻る」で戻ってください。