輝国山人の韓国映画
<Home>へ

啓蒙映画

お父さんの臨終を守るために集まった家族たち。

この土地で大きな無理もなく暮らしているように見えるが,所々ちぐはぐな家族たち。

娘の過去,父の過去,父の父の過去を通じて,現在の行き違いがどこから始まったのか,どんな選択が彼らをこのように放置するようになったのかを見せる。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2010年9月16日 [観覧人員]  [原 題] 啓蒙映画 계몽영화 [英 語 題] Enlightenment Film [ジャンル]  [原 作]  [脚 本] パク・トンフン,パク・ナミ [監 督] パク・トンフン [第2作] [撮  影] イ・ガンミン [照  明] チョ・デヨン [音 楽] キム・ミョンジョン [美 術] ペク・キョンイン [出 演] チョン・スンギル   → チョン・ハクソン       キム・ジイン     → パク・ユジョン       オ・ウジョン     → チョン・テソン       イ・サンヒョン    → チョン・ギルマン       パク・ヒョックォン  → キム・ソンホ       シン・ギュリ     → チョン・テソン(子役)       ペ・ヨングン     → チョン・テハン       ソ・ジノン      → たけのぶ       ソン・ビョンウク   → サンジュ       キム・スンオン    → キム・へジュン       キム・ソスク     → 叔母       キム・ジョンシク   → 叔母の夫       チェ・チャンスク   → おばあさん(キルマンの妻)       パク・チュンス    → チョン・テハン(子役)       チェ・ギョシク    → 農民       クム・ドンヒョン   → 大工       チャン・ジュノ    → 靴磨き       チェ・チャナム    → テハンの妻       イ・ソウォン     → テソンの友だち       ムン・ギョンヒ    → テソンの友だち(ユギョン)       イ・ジヨン      → 喫茶店 マダム       アン・ソニュ     → 喫茶店 従業員       チェ・ミングム    → ユジョンの母       チョン・ヘヨン    → 若い叔母       キム・ヒソン     → 東洋拓殖株式会社 同僚       イ・ウジン      → 東洋拓殖株式会社 同僚/日本取調刑事       イム・セウン     → 東洋拓殖株式会社 同僚       イ・ホンソン     → 東洋拓殖株式会社 同僚       キム・ソンヒョン   → 東洋拓殖株式会社 同僚       ムン・サンウ     → 東洋拓殖株式会社 同僚       イ・チェウク     → 東洋拓殖株式会社 同僚       パン・ミンウ     → 東洋拓殖株式会社 同僚       パク・ソギュ     → 東洋拓殖株式会社 同僚       パク・トンフン    → 運転手       シム・ヨンミン    → 牧師       イ・ヨンジェ     → ユン秘書       ホ・ジョンウン    → 後輩医師       カン・デソン     → 先輩医師       パク・ジョンビン   → 年下のいとこ       キム・ドソン     → テハン課外先生       ユ・スンヒ      → 幼いテソン 友人たち       ホ・ウンビ      → 幼いテソン 友人たち       ファン・イェイン   → 幼いテソン 友人たち       アレックス・へジュン → 米国 友人たち       エルロディへジュン  → 米国 友人たち       チャン・ヨンビン   → 農民 子供たち       ユン・ソンヨン    → 農民 子供たち       ユン・ヘラン     → 農民 子供たち       キム・ソビン     → 農民 子供たち       ノ・ギュリン     → 農民 子供たち       Nils Clauss      → 郵便物 配達員       イム・ギョンエ    → 看護師       ソン・ギオ      → 独立軍 同僚       チェ・ジョンナム   → 外叔母       シン・ジヘ      → アナウンサー(ラジオ音声)       チョン・ソイン    → キルマンの妻 [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 121分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] パク・ナミ [制作会社] 3767 film [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。