輝国山人の韓国映画
<Home>へ

影の殺人

閑静な裏庭に位置した部屋の中は,すっかり血の海で,その部屋の主人のミン・スヒョンは,跡形もなく消えていた。

彼の父ミン・チソンは,息子を探すために高額の懸賞金をかけ,出世に汲々としているチョンノ(鍾路)署巡査部長のオ・ヨンダルは,ミン・スヒョンを探すのに血眼になる。

一方,その時刻,医学生チョン・グァンスは,解剖実習のために偶然に拾ってきた死体がミン・スヒョンであることを知る。殺人寃罪を被る危機に瀕した彼は,私立探偵ホン・ジノを訪ね,事件を依頼する。巨額の懸賞金に魅了されたホン・ジノは,優れた医学知識を持つチョン・グァンスを助手とみなして事件を引き受ける。

殺害されたミン・スヒョンの部屋で発見されたものは,白い粉と奇妙な形のカラクリ人形。ホン・ジノとチョン・グァンスは,身分を隠したまま女流発明家のパク・スンドクを訪ね,捜査に必要な万視鏡と隠聴機(密かに聞く機械)をもらって本格的な捜査を始める。

そして,正体不明の白い粉が,モルヒネであることがわかり,これが秘密裏に流通している注射屋に潜入し,ミン・スヒョンの死ぬ直前の最後の足どりがまさに曲芸団という事実を把握する。

そうしている間に2番目の殺人事件が発生する。被害者は,他でもない最高の権力を自慢する警務局長で,ミン・スヒョンが遺棄された場所と同じ所に捨てられていた。

連続殺人で捜査に激しい圧力を受けたオ・ヨンダルは,にせの犯人を仕立て,捜査を終結させようとするが,同一犯人による連鎖殺人であることを悟ったホン・ジノとチョン・グァンスは,警務局長の死体から新しい糸口となる血のついた布切れを発見し,曲芸団へ向かう。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2009年4月2日 [観覧人員] 1,893,361人 2009年 第14位       (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス) [原 題] 影の殺人 그림자 살인 [英 語 題] Private Eye [ジャンル] スリラー [原 作]  [P  D] キム・ボンソ [脚 本] パク・テミン,イ・ヨンジョン,ユン・ソニ [監 督] パク・テミン [第1作] [撮  影] チェ・チャンミン [照  明] ユ・ヨンジョン [音 楽] ファン・サンジュン [編  集] ナム・ナヨン [美 術] チョ・ファソン [武 術]  [出 演] ファン・ジョンミン → ホン・ジノ 名探偵       リュ・ドックァン  → チョン・グァンス 医学生       オム・ジウォン   → パク・スンドク 女流発明家       オ・ダルス     → オ・ヨンダル(呉暎達) チョンノ(鍾路)署 巡査部長       ユン・ジェムン   → 団長 ローヤル・サーカス       チュ・ダヨン    → オギ ローヤル・サーカス       キム・ヒャンギ   → ピョリ ローヤル・サーカス       キム・ウンス    → 吉岡 医師       ソン・ジェホ    → ミン・チソン 内務大臣       オ・テギョン    → ミン・スヒョン(閔秀賢) ミン・チソンの息子       オム・ヒョソプ   → 村田警務総監       クォン・テウォン  → 警務局長 キム・ドゥクス       キム・ビョンチョル → 副官       ユ・スンモク    → 片腕       チョン・ギュス   → 編集長 漢城日報       キム・ギチョン   → タルス       チョ・ヨンジン   → 皇帝       ソン・ビョンウク  → 末っ子       ソン・ヨセフ    → ポンテ       キム・ソウォン   → ポムグ       パク・チヌ     → 現場巡査       ペ・ジュヌ     → 現場巡査       ソ・ドンス     → 太った男       チェ・ジョンニュル → スンドクの舅       ソン・ヨンスン   → 片腕の老母       ミン・ヨソク    → 片腕の息子       ウ・スンヨン    → ケットン(犬便) スンドクの下女       キム・ギョンスク  → 夫人       イ・セラン     → 夫人       チャン・ジイン   → 夫人       キム・ソヒ     → ククス宅       チョ・チャンヒョン → キョンウ       パク・コンナク   → 漢方医       キム・ジュノ    → 漢方医       ハ・ジンス     → 漢方医       チョ・ハン     → 漢方医       ホン・ヨングン   → 漢方医       チェ・ユリ     → 看護師       シン・ソンギョン  → 看護師       ムン・ボクトン   → 幼い下人       ペ・ゴンシク    → 情事男       イ・ヘギョン    → 情事女       イ・シヌ      → 皇帝随行員       チョン・イヌァ   → 皇帝随行員       アン・ハンギュ   → 号外少年       チョン・ジンソン  → 号外少女       キム・ミンソン   → 靴磨き       キム・チュンシク  → ブローカー       ソン・ジナン    → ミン・チソンの下人       イ・ジョンホン   → 日本人スパイ       ファン・ジョンドン → 小人       イ・ユミョン    → 双子姉妹       イ・シンミョン   → 双子姉妹       ハン・ドンリョン  → 団員       キム・ヨンチョル  → 団員       イ・ギョンフン   → 団員       キム・ヨンシク   → 団員       ユ・テソン     → 団員       キム・ウンギョン  → 団員       ソン・スヨン    → 団員       キム・ギホ     → 団員       ドンチュンサーカス団       Wang Xiao Mei    → サーカス団員       Chen Si Ru      → サーカス団員       Xu Pan        → サーカス団員       Zhang Rong     → サーカス団員       Zhang Qi       → サーカス団員       Pan Ying       → サーカス団員       You Jin      → サーカス団員       Qu Wei        → サーカス団員       Zhang Sheng Lin   → サーカス団員       Zhang Si Lin     → サーカス団員       パク・ソクキル   → 長大人間       シン・ドンギ     → 長大人間       シン・ギソプ    → 長大人間       イ・ジョンホ    → 伴奏団       カン・ソンミン   → 伴奏団       チョン・スンモク  → 伴奏団       チョン・ギフン   → 伴奏団       キム・ヨソプ    → 伴奏団       キム・ヒョジョン  → 伴奏団       シン・チャンス   → 注射屋壮丁       カン・プン    → 注射屋壮丁       ホン・ウィジョン  → 注射屋壮丁 / ジノ代役 [武術監督]       チェ・グァンナク  → 注射屋壮丁 / クァンス / 村田代役       チェ・ボンホン   → 注射屋壮丁       カク・ウォン    → 新聞社職員       キム・ドンギル   → 新聞社職員       イ・ジェウ     → 新聞社職員       チョン・サンス   → 支署巡査       カン・ジェフム   → 鳥商人       イ・ギョンテ    → 人力車屋       キム・ゴンス    → 人力車屋       Rari Brown     → 新婦       Yakob        → 宣教師       Maria        → 宣教師夫人       Alexey       → 船長       Metu    → 船員       Jess        → 船員       アン・ヨンウ    → オックァン / ウングァン代役       武術チーム       ウォンジン       チェ・ドンホン [受 賞] 2009 第30回 青龍映画賞/美術賞(チェ・ファソン,チェ・ヒョンソク) [映 画 祭]  [時 間] 111分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者] イ・サンヨン [共同制作] ハン・ソンギュ [制作会社] CJエンターテイメント [共同制作] ヒムピクチャーズ [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル] なし [H P] 終了(韓国) [撮影場所] ナムサン(南山)コル ハノクマウル(韓屋村) [M-Video]  [Private ] K-DVD【8】       収録:ねえ,何を探しているんですか? 24分 2002年 パク・テミン監督          Hey,What Are You Looking For ? [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。