輝国山人の韓国映画
<Home>へ

アフター・ミー・トゥー

韓国「#Me Too」運動から3年、残された課題と連帯の軌跡を追う4つの物語

ミーツー運動が残した数多くの宿題、これ以上、先送りすることはできない!

同時代を生きていく女性たちの声で解いていく#MeTooのその後の話

まだ話す言葉がとても多い私たちの#AfterMeToo(出処:報道資料)

[制 作 年] 2022年 [韓国封切] 2022年10月6日 [観覧人員] 9,047人 [原 題] アフター・ミー・トゥー 애프터 미투 [英 語 題] AFTER #Me Too [日 本 題] アフター・ミー・トゥー [日本公開] 2023年9月16日 [ジャンル] ドキュメンタリー [原 作]  [P  D] パク・ヘミ、ナム・スナ [脚 本]  [脚 色]  [監 督] <女子高の怪談> (監督:パク・ソヒョン)        教員によって長年続いていたセクハラ・性暴力が代々「怪談」のように言い伝えられてきた女子高。        2018年、生徒たちは声を上げ、「怪談」を「真実」として社会に突きつける。        韓国「#Me Too」運動のなかで最も多くの人々が参加した「スクールMe Too」(学内性暴力の告発)のその後を記録する。       <100. 私の体と心は健康になった>(監督:イ・ソミ)        2020年、一人で暮らす49歳の女性。        幼少期に性暴力に遭い、そのトラウマに長年苦しんできた。        「自分にできなかったことは、苦しかった話を大声で話すこと」。        彼女は意を決し、かつて過ごした故郷へと向かう。       <その後の時間>(監督:カン・ユ・ガラム)        「アートMe Too」に参加し、創作と活動の間に揺れるアーティスト3人の現在を追う。        このままでは活動家になってしまうのではという不安。        自分たちの活動は性暴力防止に本当に役立つのか、問題は誰が解決すべきなのか。        自問自答しながら前に進むアーティストたちの姿を映す。       <グレーセックス>(監督:ソラム)        恋愛も性的なコミュニケーションもしたい。        それはお互いの愛情を感じられる行為だから。        けれど、相手が一方的なこともある。        恋人関係やマッチングアプリでの出会いで感じたもやもやを4人の女性が語る。        被害/加害で定義できない不快感、性的自己決定権という言葉では線引きが難しいグレーゾーンに迫る。       ※ 映画のホームページから [助 監 督]  [撮  影]  [照  明]  [編  集]  [音 楽]  [美 術]  [武 術]  [出 演] ソン・ジニ      イ・サン      パク・チョンスン      ナム・スナ [受 賞]  [映 画 祭] 2021 ソウル国際女性映画祭 招待作品 [時 間] 85分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] アフター・ミー・トゥー・プロジェクトチーム [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [NET 配信]  [H P] https://aftermetoo-jp.com/(日本) [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화       KMDb(韓国映画データベース)      Wikipedia


プラウザの「戻る」で戻ってください。