輝国山人の韓国映画
<Home>へ

死んでもいい

実際に2年前に会って愛に陥った70代のおじいさんとおばあさんの愛を淡々と追う映画

配偶者を失って単独で生きる70代の二人の老人が,偶然に公園で会い,一目惚れする。おばあさんは,服をふろ敷に包んでおじいさんの家にやってきて,二人は,水一杯くんで結婚式を挙げる。"愛してます"という愛情表現がご飯を食べるように行き来する。

おじいさんは,おばあさんから唱歌'青春歌'を学び,おばあさんにハングルを教えてあげて愛を育てる。下手なハングルで"ちょっと出てきますよ"というメモだけ残して,夜遅くまでおばあさんが戻らないので,おじいさんは狂ったように市場をさ迷って"私の妻見ませんでした"を尋ねてまわる。そして,おばあさんが戻ると,"なぜ今まで遊んでいたんだ"と腹を立てる。

[製 作 年] 2002年
[韓国封切] 2002年12月6日
[観覧人員] 
[原    題] 死んでもいい 
[英 語 題] Too young to die
[原    作] 
[脚    本] イ・スミ
[監    督] パク・チンピョ [第1作]
[撮    影] チョン・ヨンウ
[出    演] パク・チギュ → おじいさん
         イ・スネ   → おばあさん

[受    賞] 第7回 釜山(プサン)国際映画祭:
              国際映画評論家協会賞(FIPRESCI)
              ニューカレンツ賞(スペシャル メンション)
              PSB観客賞
       2002 第3回 東京フィルメックス コンペティション スペシャル・メンション
      2002 第5回 ディレクターズ・カット授賞式/今年の新人監督賞

[時    間] 67分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・ホンベク,イム・ジョンヒャン
[制作会社] (株)メイフィルム
[ビ デ オ] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。