輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ポントル

売れない俳優が,ある日あてもなく済州道にやってきてきて,ポンドルに会って映画を作りながら広がる仕事を描いた独立映画

映画監督を夢見る男ポントルは,あてもなく俳優募集の広告を出し,オーディションを通じてソウルからやってきた旅行者ソンピルを主演俳優に決定する。

世の中を救う伝説の魚トットムを捕まえる過程を描いた映画は,劣悪な環境の中で予期できない難関に度々ぶつかることになる。

果たしてポントルは,映画を最後まで完成することができるだろうか。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2011年8月25日 [観覧人員]  [原 題] ポントル 뽕똘 [英 語 題] Bbongdol [ジャンル] コメディー,ドラマ [P  D] ソ・ヒャンミ [原 作]  [脚 本] オ・ミョル [監 督] オ・ミョル [第 作] [助 監 督] コ・ギョンマン [撮  影] チョ・ウン,イ・スユ [照  明]  [音 楽] ソリコンガン(音空間) [美 術]  [出 演] キム・ミニョク   → ソンピル       イ・ギョンジュン  → ポントル       ヤン・ジョンウォン → ヨンピル       チョ・ウン     → チョチュン       ソン・ミンチョル  → 街の後輩       パク・チョリョン  → テンチリ       コ・ギョンマン   → キョンマン [受 賞]  [映 画 祭]  [時 間] 90分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] ソ・ヒャンミ [制作会社] チャパリフィルム [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD [お ま け] ・チェジュ(済州)道方言で制作された映画で,ハングルの字幕が流れます。


プラウザの「戻る」で戻ってください。