輝国山人の韓国映画
<Home>へ

カメリア   DVD発売

プサン(釜山)を背景に繰り広げられる愛について,韓国,タイ,日本というアジア3か国が参加するオムニバス長編映画

○ segment 1 <アイアン・プッシー(IRON PUSSY:KIMCHI AFFAIR) 監督:Wisit Sasanatieng)>
1970年代のプサン(釜山)にスパイとして投入された女装男アイアン・プッシーというタイ出身の秘密要員が,韓国の正体不明の男と愛に陥るストーリー

○ segment 2 <カモメ(Kamome) 監督:行定 勲)>
2010年のプサン(釜山)を背景に,映画撮影監督と妙令の女性の視空間を超越した蜃気楼のようなファンタジーメロー

○ segment 3 <ラブ・フォー・セール(Love For Sale) 監督:チャン・ジュナン)>
近い未来のプサン(釜山)を背景に,愛を売り買いする産業化の中で,お互いの記憶をなくして致命的な愛に陥る恋人たちのラブストーリー

[制 作 年] 2010年
[韓国封切] 2010年月日
[日本公開] 2011年10月22日
[観覧人員] 
[原    題] カメリア 카멜리아
[英 語 題] Camellia
[ジャンル] オムニバス映画


○ segment 1 <アイアン・プッシー(IRON PUSSY:KIMCHI AFFAIR)>

[原    作] 
[脚    本] 
[監    督] ウィシット・サーサナティアン Wisit Sasanatieng
      Michael Shaowanasai
[撮  影] 
[照  明] 
[音    楽] モグ(イ・ソンヒョン)
[出    演] ミシェル・シャオワナサイ
      Michael Shaowanasai    → アイアン・プッシー タイ出身の秘密要員 MONGKOL
      キム・ミンジュン     → チホン
      ペ・スジョン       → ミス・マネーウォン 秘書官
      オ・ソックン       → キム諜報部長
      チェ・ナクヒ       → ウエイター/仮面男1
      キム・ソクワン      → 仮面男2
      キム・ミンゴン      → 仮面男3
      カルメギバンド      → ロックバンド
      イ・ユンジェ       → 
      チェ・シヨン       → 泣く女
      イ・スンジン       → 軍人1
      Pran Taduwerawat     → 軍人2
      チョン・スッキョン    → アイアン・プッシーの韓国語(声)

      友情出演
      ココスター        → ココダンシングチーム



○ segment 2 <カモメ(Kamome)>

[原    作] 
[脚    本] 
[監    督] 行定 勲
[撮  影] 
[照  明] 
[音    楽] モグ(イ・ソンヒョン)
[出    演] ソル・ギョング   → パク・ヨンス 映画撮影監督
      吉高由里子     → カモメ 妙令の女性
      シム・イヨン    → ソンミ
         リュ・スンス    → イ・サンジュン 映画監督 「世界の終わりと始まり」
      チョ・ドンヒョク  → チョンウ 男優
      ホン・スヒョン   → ソナ 女優
      キム・チャンワン  → 露天靴屋のおじさん
      キム・ソンファン  → 古本屋のおじいさん
      キム・ソウォン   → 助監督
      キム・ジソク    → プロデューサー
      パク・チヨン    → 
      キム・ジング    → 食堂のおばあさん

      イ・ユジュン    → 喧嘩する男1
      ヤン・ホソン    → 喧嘩する男2
      チョン・アルム   → お願いをする女
      パク・チス     → 幼いカモメ
      Busan farmer's band → プンムルノリ
      ソ・イェラ     → カモメ代役
      キム・ロサ     → ソナ代役
      パク・キュソン   → 露天靴屋のおじさん代役
      チョ・ヒョン    → 撮影スタッフ1
      キム・ヨンソン   → 撮影スタッフ2
      キム・スンギ    → 撮影スタッフ3
      ノ・デグォン    → 撮影スタッフ4



○ segment 3 <ラブ・フォー・セール(Love For Sale)>

[原    作] 
[脚    本] チャン・ジュナン
[監    督] チャン・ジュナン
[撮  影] 
[照  明] 
[音    楽] モグ(イ・ソンヒョン)
[出    演] カン・ドンウォン  → ジェイ
      ソン・へギョ    → ポラ/メデューサ アバングン(阿房宮) 女ボス
      ペク・ユンシク   → ペク・チンボム 
                  プサン(釜山)カンドン警察署 麻薬取締班長
      キム・ビョンチュン → キム・マンチュン アバングン(阿房宮) 中間ボス
      パク・ヒョジュン  → スティガー チラシ貼り男
       イ・ジョンユン   → アバングン(阿房宮)の案内員
      チョン・ヨンギ   → ヘピ キム・マンチュンの部下
      ファン・ジョンミン → 待機室奥様1
      イ・ジナ      → 待機室奥様2
      ラ・ミラン     → 待機室奥様3/愛施術体験者
      ウォン・ヨンジェ  → タンオリ
      ササ        → ビクトル
      パク・ソンテク   → 手術室の男 ジョンウ 記憶の中
                → 手術室の女 記憶の中
       ユン・ウォンソク  → アバングン(阿房宮)施術士
      パク・ミョンシン  → イ・ムファ ムーダン(巫女)元ラブ・マスター
                  /インタビュー奥様 
       ペ・ジンマン    → インタビュー科学者
                  キム・ビョンソク博士 アルパ脳科学研究所
      カン・スヨン    → PD
      パク・サンヨン   → 警察署記者
      キム・ミギョン   → インタビュー奥様2/
      パク・イルモク   → インタビュー医師
         パク・キュソン   → キム・ドンホ博士
       ユ・サンフル    → 研究室博士
      アン・スミン    → ボラ錯覚研究員
      イ・ジニョク    → 露天商
      クォン・ヒョンサン → エピローグ男
      チョ・ソヨン    → エピローグ女
      イ・ジョングァン  → 幼いジェイ
      ナディア      → 路上 ジェイ女
      パク・ソンフン   → 路上男
      オルガ       → 路上女
      ナナ        → ビクトルの女たち
      ジェナ       → ビクトルの女たち
      キム・ミジン    → ビクトルの女たち
      イ・ギョンボプ   → イ刑事
      イ・ソンジュン   → チェ刑事
      イ・ドンウク    → ヘピの部下
      キム・ヨンウン   → ラブ・マスター
      チュ・アミン    → ジェイの新ガールフレンド
      オク・サナ     → ボラ錯覚女
      チョ・ヒョン    → 刺青組織員
      キム・テホ     → 刺青組織員
      キム・キョンド   → 刺青組織員
      釜山外大
       ROTC広報チーム  → 警察特攻隊
      キム・ミンギュ   → 警察特攻隊
      キム・ジュンソク  → 警察特攻隊
      イム・ソネ     → 日本患者

      声出演
      キム・ジウン    → ニュースアンカー1
      パク・キョンジュ  → ニュースアンカー2

      特別出演
      ペク・ユンシク   → ペク・チンボム 
                  プサン(釜山)カンドン警察署 麻薬取締班長
      ムン・ソリ     → 担架で運び出される女 アバングン(阿房宮) の客
      イ・ミド      → ユ・ミョンシン(仮名) ラブ・マスター



[受    賞] 
[映 画 祭] 2010 第15回 釜山国際映画祭 クロージング作品
[時    間] 142分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・ドンホ
[制作会社] (株)パルコン(BALCON:Busan Alternative Contents Network)
[制 作 費] 
[D V D] アミューズソフト(DVD 3,990円)2012/3/30発売
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] J-DVD【10】


[お ま け] ・<ラブ・フォー・セール>の中で,ジェイ(カン・ドンウォン)が,
       アバングン(阿房宮)の客として目隠しをされたまま,客室へ案内
       される場面がある。

      ・その途中で,担架で運び出される女が,鉄棒で殴られるが,目が見
       えないジェイが「何の音?」と聞くと,案内人が,「ドアの音(韓
       国語でムン ソリ)よ。」と答える。
 
      ・これは,担架で運び出される女が,女優のムン・ソリだったという
       洒落。



プラウザの「戻る」で戻ってください。