輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ドント・ルック・バック

平凡な人々の日常を描きつつ,もう少し自分のアイデンティティーと真心のために,胸中に何かを鋭敏に恋しがりながら努力していく人々についての,そして彼らの人生の木目についての物語

チョンヒ − 全てのものが紛らわしい未完の青春
演劇科で現代舞踊を専攻する21歳の休学生チョンヒは,貧しいけど,姉さんと二人きりで幸せに暮らしている。しかし,ボーイフレンドのソグとの円満でない愛情問題と,子供たちを捨てて出て行った父の突然の訪問に苦しむ。おまけに姉さんが熱心に金を貯めて新しく用意した家まで詐欺にあってしまう。

クヌ − 時間を遅らせたい無謀な青春
公衆電話ボックスの修理と撤去をする26歳のクヌは,特別の夢もなく,勤める会社のストライキにも関心がない。同じ職場で働く演技者志望の先輩チュンソクと一緒に,他人の通話内容をこっそりと盗聴していて偶然に知るようになった女性に執着するようになる。ある日,彼女の通話内容を聴いて電話線を切ってしまった後,彼女の家を訪ねて行って,無謀にも愛を告白するようになる。そして,通話相手の男を追いかけて暴行する。

キム兵長 − 現実に首をうな垂れる無力な青春
一時は独文科博士課程の学生だったが,今は30歳の晩学の軍人キム兵長は,10日間の軍隊最後の休暇をとる。そして,最後の休暇の便りを家に知らせないまま,妻をびっくりさせるつもりで気持ちが浮き立っている。しかし,家に到着したイノは,妻の不在にあわてる。彼は,妻が変わったと疑うが,それが何なのか分からない。30歳という現実の重さに学業をあきらめて就職を準備しようとする彼が偶然に知るようになった妻の不倫は,とても苦しいこと。妻と現実に対する不安感から,大学同窓の結婚式場で偶然に会った女性と一夜を送るイノ。翌日,家へ帰ってきたイノは,妻にその事実を率直にさらけ出す。果たして妻は,その正直さをどのように受け入れるだろうか。

[制 作 年] 2006年
[韓国封切] 2006年7月13日
[観覧人員] 10,372人(ソウル封切館基準)
[原    題] 私の青春に叫び 내 청춘에게 고함
[英 語 題] Don't Look Back
[ジャンル] ドラマ,オムニバス
[原    作] 
[脚    本] キム・ヨンナム
[監    督] キム・ヨンナム [第1作]
[撮    影] イ・チャンジェ
[照  明] 
[音    楽] キム・ソンヒョン
[出    演] <チョンヒのSegment>
       キム・ヘナ      → オ・チョンヒ
       イ・ハン       → ソグ
       パク・ユンギョン   → チョンヒの姉
       ソン・ムンス     → 教会執事
       シン・チョルジン   → チョンヒの父
       チェ・ジェソプ    → にせ物建物主
       チェ・ヒョンスク   → 本当の建物主
       パク・ヒョックォン  → 警察
       ウォン・サンヨン   → 警察
       チェ・ジョンヒョン  → 死体室医師
       オム・オンナン    → コンビニ主人
       キム・ソクチュ    → 中年男
       パク・ミニョン    → チョンヒの友人
       コ・ギョンイン    → チョンヒの友人
       ユン・ソヒョン    → チョンヒの友人
       キム・ヘジョン    → チョンヒの父の娘
       キム・ドヒョン    → チョンヒの父の息子
       チョン・モギョン   → ソグの女
       チョン・グヨン    → 病院医師
       ムン・ヨンミン    → チョンヒのタンゴ男
       ウィ・ヒヨン     → タンゴを踊る人々
       イ・ウンジュ     → タンゴを踊る人々
       パク・ミンジョン   → タンゴを踊る人々
       チョ・インサン    → タンゴを踊る人々
       イ・ユンソク     → タンゴを踊る人々
       チュ・ヒジョン    → 大使館職員

       <クヌのSegment>
       イ・サンウ      → カン・クヌ
       ヤン・ウニョン    → 桃色服の女性
       ペ・ユンボム     → チュンソク クヌの演技志望生先輩
       イ・チャンフン    → 不倫男
       チ・ギョンス     → 勤労者
       キム・ヘゴン     → 会社幹部
       キム・ユナ      → ストライキ女性勤労者
       チャン・ヘウォン   → クヌの会社の女性職員
       ホン・ジス      → 合コン女性
       キム・ジニョク    → 警察
       イ・ジャミン     → 高校生
       キ・ソヨン      → 高校生
       パク・チョンエ    → 孤児院の院長
       イェ・スジョン    → クヌの母
       キム・ヨンチョル   → コンビニ主人

       <キム兵長のSegment>
       キム・テウ      → キム・イノ 兵長
       ペク・チョンニム   → チウン キム・イノの妻
       ユ・ハジン      → チウォン
       キム・テフン     → イ上等兵
       キム・ソンウ     → 下っ端二等兵
       チョン・ヒテ     → 結婚する同窓
       ヨ・ウンボク     → 講師の友人
       チョ・スンミン    → イ上等兵の妻
       キム・ジャヨン    → 果物店主人
       オ・チャンギョン   → ベンチャーの友人
       カル・リナ      → ロシア新婦
       チョン・セギョル   → ムスク
       キム・ドゥヨン    → 結婚式同窓生たち
       パク・サンベク    → 結婚式同窓生たち
       イ・ユリ       → 結婚式同窓生たち
       イ・ジュウォン    → 結婚式同窓生たち
       リュ・チェウォン   → 大学生
       キム・ジョンチョル  → 大学生
       チョン・インギ    → 不倫男
       パク・ヨンネ     → イ上等兵の母
       パク・ウノク     → コイン貸すおばさん
       ハン・イェウォン   → 赤ん坊
       ユ・メンチョル    → 電話機貸す男
       キム・ジョンイ    → お嬢さん
       ソン・ミョングン   → バスケットボールする学生
       イ・ビョンジク    → バスケットボールする学生
       ファン・ビョンチョン → バスケットボールする学生
       ムン・ビョンジェ   → バスケットボールする学生

       特別出演
       ソン・ジョンヒ    → アナウンサー(声)
       チョン・ギグァン   → 不倫男(声)

[受    賞] 2006 第59回 スイス ロカルノ国際映画祭/国際映画批評家連盟賞
                          アジア映画振興機構賞

[映 画 祭] 2006 第7回 韓国 チョンジュ(全州)国際映画祭 クロージング作品
       2006 アジアフォーカス・福岡映画祭2006

[時    間] 126分
[観覧基準] 18歳以上 観覧可  
[制 作 者] イム・ジェチョル,Ueda Makoto
[制作会社] エモーションピクチャーズ
[共同制作] NHK
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] http://blog.naver.com/myyouth2006(韓国)
[撮影場所] 
[Private ] K-DVD
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。