輝国山人の韓国映画
<Home>へ

イパネマの少年

初恋の傷跡を抱いている少年と少女が,見知らぬ旅行地で偶然に会って,2回目の愛を始める話

初恋と別れた少年は,別れたガールフレンドをだんだん忘れていくのが恐ろしい。

少年は,そんな胸の内を想像の中の<幽霊クラゲ>にだけ率直に打ち明ける。

少年は,海辺で偶然に少女に会い,ある記憶を思い出す

お互いを見守ったある日,少年は,少女に海の中の深いところに他の人の夢で泳いで入ることができる小さい扉があると教えて,少女は,少しとんでもない少年がますます好きになる。

お互いについてますます分かってきたある日,少年が急にいなくなると,少女は不安に思って彼を探し始める。

[制 作 年] 2010年 [韓国封切] 2010年11月4日 [観覧人員]  [原 題] イパネマの少年 이파네마 소년 [英 語 題] The Boy From Ipanema [ジャンル] メロー(愛情,ロマンス) [原 作]  [脚 本] キム・ギフン [監 督] キム・ギフン [第1作] [撮  影] チェ・セギュ [照  明] ソン・テギョン [音 楽] キム・ジャンウォン [美 術]  [武 術]  [出 演] イ・スヒョク   → 少年       キム・ミンジ   → 少女 / チヨン       チョン・ウヒ   → 友だち       キム・ミギョン  → 民宿主人       ヤン・グィレ   → イカ売るおばさん       イ・ミンギョ   → ビール飲む子供       カン・ヘミン   → サーフィンボード女の子       ファン・シウォン → 漁村住民       オ・チャヨン   → 漁村住民       パク・ポンジュ  → 漁村住民       ムン・テソン   → 漁村住民       クォン・ヨンスク → 漁村住民       オガワ・ミチヨ  → 日本従業員       チェ・ヨンム   → 回想場面友人たち       パク・サンジン  → 回想場面友人たち       ヤンジ      → 回想場面友人たち       ウォン・ヨンウン → 回想場面友人たち       チョン・ドンゴン → 回想場面友人たち       チェ・ジェソク  → 回想場面友人たち       キム・ミヨン   → 浜辺お嬢さんたち       チェ・イニョン  → 浜辺お嬢さんたち       キム・ソヒョン  → 浜辺お嬢さんたち       イ・ジヘ     → 浜辺お嬢さんたち       ソン・ミン    → サーフィンする男       パク・テウク   → サーフィンする男       キム・ジユ    → 浜辺避暑客       パン・ヒョンジ  → 浜辺避暑客       イ・ミンソン   → 浜辺避暑客       ペク・イェスル  → 浜辺避暑客       ナ・ハナ     → 浜辺避暑客       ハン・ジヨン   → 浜辺避暑客       イ・ジエ     → 浜辺避暑客       チョ・ミンギョン → 浜辺避暑客       キム・ミラン   → 浜辺避暑客       キム・ドンヒョン → 浜辺避暑客       キム・ギチョル  → 浜辺避暑客       ホ・ジュミ    → 浜辺避暑客       イ・スビン    → 浜辺避暑客       パク・ソンウン  → 浜辺避暑客       キム・ミンジュ  → 浜辺避暑客       パク・ナウン   → 浜辺避暑客       ナム・ヘグン   → 消防署救急要員       ナム・ヘグン   → 警察署警察       Jamie       → 浜辺外国人避暑客       Ricky       → 浜辺外国人避暑客       Anne       → 浜辺外国人避暑客       Will       → 浜辺外国人避暑客       Chris       → 浜辺外国人避暑客       Cody       → 浜辺外国人避暑客       スイング海同好会 → スイングダンスチーム [受 賞] 2010 第11回 チョンジュ(全州)国際映画祭 観客評論家賞,CGVムービーコラージュ賞 [映 画 祭]  [時 間] 94分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社]  [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P] http://blog.naver.com/ipanema_boy(韓国) [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] K-DVD【45】   [お ま け] ・韓国のプサン(釜山)市と日本の札幌市が,両都市の映像事業の発展のために        MOU(了解覚書)を締結して最初に支援した映画だそうだ。


プラウザの「戻る」で戻ってください。