輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ブレス   DVD発売

偶然に死刑囚のことを知った女性が,刑務所内で死刑囚のために「四季」をプレゼントする。

死までいくらも残っていない死刑囚チャン・ジンは,鋭い歯ブラシの柄で自分の首を刺して,自殺を試みる。死を操り上げようとする彼の努力にもかかわらず,結局,声だけ失ったまま,また,ハンソン刑務所に戻る。

戻ってきた刑務所で待っていたのは,彼を愛する若い囚人。だが,チャン・ジンには,この世に残っている未練は何もない。

何不足ないと見えるヨンの人生は,夫の浮気を知るようになって外れ始める。偶然にテレビで死刑囚チャン・ジンのニュースを見たヨンは,彼に妙な憐憫の情を感じて,彼に会うために刑務所へ向かう。

ヨンは,チャン・ジンのために,してあげられることを探して,四季をプレゼントすることにする。死の他には何も持たなかったチャン・ジンに,人生のぬくもりを呼び込む。

継続する出逢いを通して,二人は,単純な欲望以上の感情を持つようになるが,ヨンの夫は,二人の関係を知って,彼らの愛を妨げ始める。

[制 作 年] 2007年
[韓国封切] 2007年4月26日
[観覧人員] 
[原    題] 息 숨
[英 語 題] Breath
[中国語題] 呼吸
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] キム・ギドク
[監    督] キム・ギドク [第14作]
[撮  影] ソン・ジョンム
[照  明] カン・ヨンチャン
[音    楽] キム・ミョンジョン
[出    演] チャン・チェン   → チャン・ジン 死刑囚 5796
       チア        → ヨン
       ハ・ジョンウ    → 夫
       カン・イニョン   → 若い囚人 1024
       キム・ギドク    → 保安課長 [監督]
       イ・ジュソク    → 絵囚人 3618
       オ・スンテ     → 図体囚人 2351
       キム・ウンソ    → ヒ 娘
       チョ・ソッキョン  → 特別面会室刑務官
       イ・ジョンス    → 護送刑務官
       ソ・ジェイク    → 面会申請所刑務官
       イ・ギョンホ    → 警備刑務官
       パク・チョルグン  → 接見室刑務官
       キム・ジョンウォン → 警備警戒所警備員
       キム・テフン    → 放送局アンカー1 MBS
       チョン・ウニョン  → 放送局アンカー2 MBS
       ペク・ユンチョル  → 現場リポーター1 ペク・ユンチョル MBS
       イ・ヨンソン    → 現場リポーター2 イ・ヨンソン MBS
       シン・テッキ    → タクシー運転手1
       ファン・インジュン → タクシー運転手2
       ソン・ミョンチョル → タクシー運転手3

[受    賞] 2008年 第28回 ファンタスポルト国際映画祭
              オリエント エクスプレス部門 審査委員特別賞

[映 画 祭] イェーテボリ映画祭 正式出品
       カルロヴィ・ヴァリ映画祭 正式出品
       エジンバラ国際映画祭 正式出品
       ヘルシンキ国際映画祭 正式出品
       ストックホルム映画祭 正式出品
       ポルト国際映画祭 正式出品
       メルボルン国際映画祭 正式出品
       釜山国際映画祭 正式出品
       東京国際映画祭 正式出品
       第60回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品

[時    間] 84分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・ギドク
[制作会社] キム・ギドクフィルム
[制 作 費] 
[D V D] エスピーオー(DVD 5,040円)2008/12/3発売
[レンタル] あり
[H    P] 終了(韓国)
       終了(日本)

[撮影場所]* ソデムン(西大門)刑務所歴史館
      イルサン(一山)福音病院
      プロバンス
      ヘイリ芸術村 ハン・ヨンシルスタジオ

      Ponetjve Space

[Private ] K-DVD【34】 J-DVD【34】 C-DVD【45】【56】【58(3)】 ★★☆☆☆      
      J-Blu-ray-Rec(王と私 7〜12)

[お ま け] ・ヨンの夫(ハ・ジョンウ)の車のナンバーが,「5795」で,チャン・ジン
        (チャン・チェン)の囚人番号と1番違い

       ・ヨン(パク・チア)が,刑務所でチャン・ジンに歌ってあげる四季の歌は,
         
         1 春 「春」 作詞・作曲:イ・ジョンソン 童謡

         2 夏 「浜辺に行きます」 作詞・作曲:イ・チョル(李徹) 
                      70年代のグループ・キーボーイズ(Key Boys)
                      のヒット曲 

        3 秋 「コスモスが咲く道」 作曲:キム・カンソプ 作詞:キム・サンヒ

        4 冬 Adamoの「雪が降る」(Tombe La Neige)→ 刑務所では歌えなかった 


プラウザの「戻る」で戻ってください。