輝国山人の韓国映画
<Home>へ

はちどり

私は、この世界が気になった。

1994年、分からない巨大な世界と向き合った14歳のウニの、とても - 普遍的で、最も - きらびやかな記憶の話(出処:報道資料)

[制 作 年] 2019年 [韓国封切] 2019年8月29日 [観覧人員]  [原 題] はちどり 벌새 [英 語 題] House of Hummingbird [日 本 題] はちどり [日本公開] 2019年月日 [ジャンル] ドラマ [原 作]  [P  D]  [脚 本] キム・ボラ [脚 色]  [監 督] キム・ボラ [第1作] [助 監 督] ホン・ジス [撮  影] カン・グッキョン [照  明]  [編  集] チョ・スア [音 楽] Matija Strnisa [美 術] キム・グナ [武 術]  [出 演] パク・チフ     → ウニ       キム・セビョク   → ヨンジ       チョン・インギ   → ウニの父       イ・スンヨン    → ウニの母       パク・スヨン    → スヒ       ソン・サンヨン   → テフン       パク・ソユン    → チスク       チョン・ユンソ   → チワン       ソル・ヘイン    → ユリ       ヒョン・ヨンソン  → 母方のおじ       キル・ヘヨン    → ヨンジの母       パク・ユニ     → 担任       ソン・ヨンボム   → チュンテ       アン・ジニョン   → ミンジ       キム・ジョング   → 新ソウル医院 医師       キム・ミヒャン   → 漢文学院 院長       イ・ジョンユン   → 文具店 主人       イ・ソンジュ    → チワンの母       チョン・ギョンソプ → サムスン医療院 医師       ペク・ソヒ     → 看護師       クォン・グィビン  → 看護師       キム・チェユン   → 看護師       キム・サンホ    → 葬式 弔問客       イ・ヒョンジュ   → 葬式 弔問客       キム・ジョンホン  → 葬式 弔問客       アン・ミニョン   → 病院 患者       ユン・テヒ     → 病院 患者       ソン・ギョンア   → 病院 患者       ペク・クモク    → 病院 患者       オム・ギョンヒ   → 病院 患者       チョン・ウォンジャ → 病院 患者 [受 賞] 2019 第35回 ロサンゼルス アジアンパシフィック映画祭/国際長編映画競争部門 審査委員大賞       2019 第20回 釜山映画評論家協会賞/技術賞(カン・グッキョン)       2019 第39回 韓国映画評論家協会賞/新人監督賞、国際批評家連盟韓国本部賞、新人女優賞(パク・チフ)       2020 第56回 百想芸術大賞 監督賞、女子助演賞(キム・セビョク)       2020 第56回 大鐘賞映画祭/新人監督賞(キム・ボラ)       2019 第40回 青龍映画賞/脚本賞(キム・ボラ)       2019 第6回 韓国映画制作家協会賞/作品賞       2020 第7回 野の花映画賞/女優主演賞(パク・チフ)、撮影賞(カン・グッキョン)       2020 第23回 プサン(釜山)国際映画祭/ネットパック賞、観客賞       2020 第44回 ソウル独立映画祭/新しい選択賞、執行委員会特別賞       2020 第69回 ベルリン国際映画祭       2020 第18回 トライベッカ(TRIBECA)国際映画祭/女優主演賞(パク・チフ)       2020 第45回 シアトル国際映画祭       [映 画 祭]  [時 間] 138分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] エピファニー & マス オーナメント (Epiphany & Mass Ornament) [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P] https://animoproduce.co.jp/hachidori/(日本) [撮影場所]  [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화


プラウザの「戻る」で戻ってください。