輝国山人の韓国映画
<Home>へ

キリング・ゲーム

刑務所を出所したヒョクは,ミナが出迎えに来たのを見ると,自分を探すなという要請を残して別れる。

やっとビリヤードの従業員に就職したヒョクは,思わずシンミ派とマンイ派の争いに巻き込まれる。

ヒョクは,その戦いでマンイ派の親分チュチョルの命を救うことになったことを契機に,組織の一区域を引き受ける。

しかし,チュチョルの右腕だったキョンソクは,自分の席を見下げるヒョクに挑戦状を差し出し,ここから離れることを要求する。

結局,対決で負けたキョンソクは,テベク(太白)に行き,カンホの腹心になって,ヒョクに武術を教えた師範を拉致する。

チュチョルは,ヒョクに自分の友だちでもある師範を助けることを頼み,ヒョクは,2年ぶりに故郷へ向かう。

師範を探すためにあちこちうわさをたよりに捜していた途中,ミナまで拉致されると,怒ったヒョクは,カンホの電話を受けてアンダーグラウンドを探しはじめる。

[制 作 年] 1996年
[韓国封切] 1996年12月6日
[観覧人員] 
[原    題] キリング・ゲーム 킬링게임
[英 語 題] The Killing Game
[ジャンル] アクション
[原    作] 
[脚    本] カン・ヨンギュ
[監    督] カン・ヨンギュ [第 作]
[撮  影] チョン・ジェスン
[照  明] イ・ソクファン
[音    楽] ユン・ソンボム
[美    術] M.D Collection
[武    術] パク・クァンソル

[出    演] イ・グァンス   → ヒョク
      チェ・ミナ    → ミナ
      キム・グァンス  → カンホ
      チャリョン    → チュチョル
      シン・ジェミョン → キョンソク
      チョン・ジナ   → ソンチョル
      ハン・ギョンソン → ヨンデ
      ホン・チェヒ   → チャンミ
      チョン・ボンヨン → ピソク
      オ・ミョングン  → 男ファイター
      チョ・ジュヒョン → 女ファイター
      キム・ソンシル  → ポムシク
      ポン・マンデ   → 人夫1
      キム・グァンソル → 人夫2
      テミン      → カンホ派
      チョン・オピョ  → カンホ派
      チョン・ジンテ  → カンホ派
      オ・サンフン   → カンホ派
      キム・ギョンミン → カンホ派
      ユン・ヨンギュ  → チュチョル派
      ソ・ミョンソク  → チュチョル派
      ホン・サンソク  → チュチョル派
      キム・ジョンオク → チュチョル派
      ペ・ジェイル   → ヨンデ派
      イ・ボングン   → ヨンデ派
      キム・ボムソク  → ヨンデ派
      キム・ジョンテク → ヨンデ派
      キム・ホンチョル → ヨンデ派
      キム・ダルフン  → ヨンデ派
      ノ・グァンホ   → ヨンデ派
      シン・ヒョンジン → ヨンデ派
      アン・スハン   → ヨンデ派
      コ・グァンミン  → ヨンデ派
      キム・ヨンワン  → ヨンデ派
      キム・ジソン   → ヨンデ派
      イム・インチョン → ヨンデ派
      パク・ソンウォン → ヨンデ派
      イ・クンジェ   → ヨンデ派
      パン・ホジョン  → ヨンデ派
      キム・ヨングァン → ヨンデ派
      キム・グァンヒ  → ヨンデ派
      キム・ヨングク  → ヨンデ派
      チェ・ウンスン  → ヨンデ派
      キム・スンミ   → ヨンデ派
      チョ・ヒヨン   → ヨンデ派
      ミン・ウンスク  → ヨンデ派
      イ・イミ     → ヨンデ派


[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 92分
[観覧基準] 年少者不可
[制 作 者] イ・グァンモ
[制作会社] (株)映画社 白頭山脈
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] (K-VHS) → Blu-ray  KMDb


[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。