輝国山人の韓国映画
<Home>へ

少年監督

絵のような空の下,美しい田畑が広がる江原道ノウル谷。

祖母と2人だけで暮らす11歳のサングは,父が残した唯一の遺産である村の壁画が崩れる危機に直面したという青天の霹靂のような話を聞いて,それをカメラで撮って残すために,家にあった8ミリカメラを持ち出す。

しかし,カメラの動かし方は難しく,決定的なことにフィルムがない。村の写真館おじいさんの話によれば,サングの父は,昔,映画監督であり,ソウルには父と一緒に映画を作った友人が映画学校を経営中だという。

そこへ行けばフィルムが手に入るという心が引かれる情報に冒険心が動きだしたサング。果たしてサングは,映画学校を探し出して,無事にフィルムを手に入れてノウル谷に戻れるだろうか。その時まで,父の壁画は,サングを待ってくれるだろうか。

[制 作 年] 2007年
[韓国封切] 2008年10月30日
[観覧人員] Boy Director
[原    題] 少年監督
[英 語 題] 
[ジャンル] 家族,ドラマ
[原    作] 
[脚    本] イ・ウヨル
[監    督] イ・ウヨル [第1作]
[撮  影] キム・ジュンギョム
[照  明] ノ・イクチン
[音    楽] イ・ジェウォン,キム・スジン
[音  響] キム・ヨンホ
[出    演] キム・ヨンチャン   → サング
      Rhonda Lee Zakutney  → ミニ
      ユン・ジェムン    → 先生
      チェ・ヨジン     → 助教
      キム・グァヌ     → ヘソク
      キム・サンホ     → 里長
      キム・ゲオク     → サングの祖母
      チョン・ソンフン   → 青年サング
      タニャ        → 女性ミニ
      ウ・ソンミン     → 作業班長
      Nadya         → ルスキア
      Lliana        → ルスキア1
      Tanya         → ルスキア2
      Llena         → ルスキア3
      ユン・ゲジョン    → 食堂おばあさん
      チョン・インテク   → ノウル谷住民
      ソン・ジェドク    → ノウル谷住民
      チョン・サンジュン  → ノウル谷住民
      キム・ヨンスク    → ノウル谷住民
      ソン・チュンネ    → ノウル谷住民
      イ・チュウォル    → ノウル谷住民
      ソン・ジェボク    → ノウル谷住民
      ウ・ジウォン     → 分校学生
      ナクトン分校生徒たち → 分校学生
      パク・ヒョヌク    → イテウォン(梨泰院)道行く人
      チェ・グムシク    → 見知らぬ人
      パク・チャヨン    → 食堂おばさん
      カン・ジヘ      → 

      友情出演
      チョ・ハニ      → 野菜おばあさん
      キム・ヨンソン    → 慶尚道おばさん
      イム・ジス      → 女流画家
      キム・ソンイル    → サングの父

      特別出演
      チョン・ジェジン   → 写真館おじいさん
      チェ・ジョンウ    → チョンリャンリ(清涼里)駅職員


[受    賞] 2008 第10回 ソウル国際青少年映画祭 SIYFF視線賞
[映 画 祭] 
[時    間] 82分
[観覧基準] 全体 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] 
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] なし
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。