輝国山人の韓国映画
<Home>へ

ここよりどこかへ    DVD発売

才能も,熱情も,確信もなく,夢の世界から現実の世界へ進入した若者たちの話

大学卒業後,ずっと白手(プータロウ)の26歳スヨンの夢は,英国へ音楽の勉強をしに行くこと。留学させてくれと両親に色々と駄々をこねるが,戻ってくるのは,嘲弄と蔑視だけだ。

一人で疲れたスヨンは,自分の力で留学費用を用意しようと決心して,これ見よがしに家出を敢行する。訳もなく復学生の友人トンホの自炊の部屋に踏み込んで寄生し始めたスヨンは,自分に向けられたトンホの切ない感情を無視したまま,海外留学派ミュージシャンのヒョンとつきあう。

浮気者のヒョンは,音楽レッスンを言い訳にしてスヨンを何とか一度落とそうとするが,毎度同居する恋人に見つけられてしまう。

スヨンは,紆余曲折の末に,留学費用を稼ごうと大きな賞金がかかったバンド競演大会にトンホとアヌビアスナナというチームを作って出場するが,ヒョンが現れ,自分が審査委員だと言って再び露骨にスヨンに寄りつこうとする。

[制 作 年] 2007年
[韓国封切] 2008年8月21日
[観覧人員] 
[原    題] ここよりどこかへ 여기보다 어딘가에
[英 語 題] Nowhere To Turn
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] イ・スンヨン,チョン・ヘイン
[監    督] イ・スンヨン [第1作]
[撮  影] コ・ナクソン
[照  明] オン・ギョンエ
[音    楽] キム・ミノン
[出    演] チャ・スヨン    → チャ・スヨン
      ユ・ハジュン    → ユ・ドンホ
      パン・ジュンソク  → イ・ヒョン ミュージシャン ヒョンバンド リーダー
      ペ・ジナ      → ヨンジン スヨンの友だち
      パク・ソンイル   → ブルードラゴン バンド リーダー
      ユ・ウンジョン   → ソンスク トンホの大学 女子学生
      ペク・ポンギ    → ソクチェ トンホの友だち
      ミン・ギョンオク  → スヨンの母
      シン・ミンギュ   → スンホ スヨンの弟
      キム・ジヒョン   → ソラ ヒョンの恋人 客室乗務員
      チェ・ヨンニョル  → ブルードラゴンバンド チーム員1
      キム・ヘウォン   → ブルードラゴンバンド チーム員2
      クォン・オグァン  → ブルードラゴンバンド チーム員3
      イ・ジョンミ    → ピアノ学院長1 ロデム音楽学院
      シン・チョル    → ピアノ学院長2 [プロデューサー] [編集でCut]
      ソ・ジウォン    → 路上生活者
      キム・ボヨン    → ミリ ロデム音楽学院の女の子
      イ・ジェウォン   → タクシー運転手
      チェ・ジウン    → 東大門(トンデムン)の客 ヨンジンの店
      チョ・ジュンニョン → ヒョンバンド チーム員1
      パク・チス     → ヒョンバンド チーム員2
      ポク・サラ     → ヒョンバンド チーム員3
      ユン・ブヒ     → 男子学生1
      チョ・ヨレ     → 男子学生2
      ハン・マヌク    → 男子学生3
      パク・タウン    → 女子中学生1
      キム・ソル     → 女子中学生2
      キム・ミニョン   → 小学生
      ホン・ヨンビン   → フェスティバル受付担当者 [制作部]
      イ・テイル     → フェスティバル司会者
      チョン・デギ    → 食堂男
      キム・ミノン    → 審査委員1 イ・チャンジェ [小規模アカシアバンド]
      ミン・ファンギ   → 審査委員2 ミン・ファンギ [制作責任]
      イ・ヨンギ     → 審査委員3 イ・ヨンギ
      シン・ヨンシク   → スーパーマーケットおじさん [演出部,編集部]
      ソ・ハナ      → バドミントン恋人1
      チョ・ヒョンネ   → バドミントン恋人2
      パク・チヒョン   → 電話相談員(声)
      チェ・チョルン   → ミカン男
      イ・ジョンシム   → 新妻
      イ・スンヨン    → ヨンジンのボーイフレンド [監督]

      特別出演
      イ・オル      → スヨンの父
      キム・ビョンオク  → 学科長
      パク・ウォンサン  → 楽器店店員
      ユン・ジョンビン  → PC喫茶店アルバイト男 [映画監督]
      パン・ウンジン   → 空港案内放送


[受    賞] 
[映 画 祭] 2007 第12回 釜山国際映画祭 「韓国映画の今日:ビジョン」部門 正式招待
[時    間] 106分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] パク・ムスン,イ・チュンジク
[制作会社] 中央大学校 先端映像大学院(BK21支援)
      共同制作:KMカルチャー
[制 作 費] 
[D V D] E-MOTION(DVD 3,990円)2012/5/25発売
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] J-DVD【46】
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。