輝国山人の韓国映画
<Home>へ

花を宿す女    DVD発売

突然に菜食主義を宣言して現実と非現実の境界を行き来する女性の意識と,芸術と欲望の境界に立った男性の葛藤を描いた作品

何一つ違うことがない,誰よりも平凡な生活を送ってきたヨンヘは,突然菜食主義を宣言する。

突然の彼女の菜食主義宣言は,彼女の夫をはじめ,他の家族たちを当惑させる。

家族たちが一緒に集まって食事をしたある日,肉を食べないヨンヘに彼女の父は,肉を食べることを強要して暴力を振り回し,ついにヨンヘは,発作を起こして果物ナイフで手首を切る。

一方,ミノは,続くスランプに苦しんでいる間,妻から妻の妹のヨンヘが,20歳まで蒙古斑が残っていたという話を聞いて,強烈な芸術的インスピレーションに捕われる。

[制 作 年] 2009年 [韓国封切] 2010年2月18日 [観覧人員]  [原 題] 菜食主義者 채식주의자 [英 語 題] Vegetarian [ジャンル]  [原 作] ハン・ガン(韓江)「菜食主義者」「蒙古斑」「木の火花」 [脚 本] イム・ウソン [監 督] イム・ウソン [第1作] [助 監 督] コ・ジョンウク、パク・サンミン、チョン・ミヌク [撮  影] カン・チャンベ [照  明] ハ・ギョンムン [音 楽] チョン・ヨンジン [出 演] チェ・ミンソ   → ヨンヘ       キム・ヒョンソン → チョ・ミノ 映像作家       キム・ヨジン   → チヘ ヨンヘの姉 ミノの妻       キム・ヨンジェ  → キルス ヨンヘの夫       ユン・ジヘ    → ミノの後輩       パク・サンヨン  → サンミン 男性モデル ミノの後輩       チェ・ジノ    → パク院長       イ・スンヨン   → 看護士長       パク・チヨン   → 看護士1       キム・セヨン   → 看護士2       キム・ジョンウク  → 主任保護士       キム・ドンヒョン → 保護士       ハ・ジンス    → ヨンホ ヨンヘの弟       キム・ウィジン  → チウ チヘの息子       コ・ジュヨン   → 幼いチヘ       チョ・ミナ    → 幼いヨンヘ       チェ・ギジュ   → 幼いヨンホ       コ・ユソン    → ユジン       キム・イェナ   → 女子高生       キム・ジョンウク → ヨンヘ代役       チャン・ジェジン → 女性医師       パク・スンヒ   → 女性患者 [扮装チーム]        キム・ミンジュ  → 看護士3       キム・ジヘ    → 看護士4       ソン・ボンハン  → 保護士2       イ・ガンソプ   → 保護士3       ユン・グァンス  → 保護士4       イム・ミンソプ  → 救急車運転手             ソル・ミミ    → 救急車看護士 [スクリプター]       パク・ソヨン   → キュレーターの声        特別出演       キ・ジュボン   → ヨンヘの父       ソン・ヒスン   → ヨンヘの母 [受 賞]  [映 画 祭] 2009 プサン(釜山)国際映画祭 韓国映画の今日−パノラマ部門       2010 第26回 米国 サンダンス映画祭 ワールドシネマドラマ競争部門 招請 [時 間] 113分 [観覧基準] 青少年観覧不可   [制 作 者] イム・ミンソプ [制作会社] ブルーツリー(Blue Tree)ピクチャーズ [制 作 費]  [D V D] 発売元:株式会社オンリー・ハーツ(DVD 3,990円)2011/11/04 発売       販売元:グラッソ  [レンタル]  [H P] http://blog.naver.com/vegetarian02(韓国) [撮影場所]  [M-Video]  [原 作 本] 新しい韓国の文学 01        菜食主義者 ハン・ガン(韓江)=著 きむ ふな=訳         株式会社クオン 2011年 2,200円   [Private ] K-DVD【46】 J-DVD【35】 [お ま け] ・原作者のハン・ガン(韓江)は,1970年に全羅南道のクァンジュ(光州)で生まれた女性作家で,        今日の韓国文壇を代表する作家のひとりだそうだ。       ・父のハン・スンウォンと兄のハン・ドンリムも現役の作家で,韓国では珍しい作家家族である。       ・原作の「菜食主義者」は,2002年から2005年に発表した「菜食主義者」「蒙古斑」「木の火        花」という3編の独立した中編小説であり,また,一つの長編小説でもある。       ・「菜食主義者」は,「これまでハン・ガン(韓江)が一貫して描いてきた欲望,死,存在論などの問        題が,この作品に凝縮され,見事に開花した」と高い評価を受け,韓国で最も権威がある文学賞        「イ・サン(李箱)文学賞」を受賞した。


プラウザの「戻る」で戻ってください。