輝国山人の韓国映画
<Home>へ

おばあちゃんの家   DVD発売

汽車に乗ってバスに乗って,ホコリが舞う田舎道を暫く歩いて,7歳のサンウ(ユ・スンホ)は,ママ(トン・ヒョヒ)と一緒におばあさん(キム・ウルボン)の家へ向かっている。都合がつかなくなったサンウのママは,少しの間サンウを母方の祖母の家に預ける。

耳が不自由で話もできなくて,文字も読めないおばあさんが一人で住んでいる田舎の人里離れた家に残されたサンウ。テレビゲームやローラーブレイドの世の中で生きてきた子供らしく,電池も売ってない田舎の店と四方が石だらけの庭,真っ暗な便所は,生涯最初の試練だ。

典型的な都会の子供らしく,サンウは,欲求不満をおばあさんにぶっつけ始める。でも,おばあさんは,そんな意地悪なサンウをただの一度も叱らない。

一緒に過ごす時間が長くなるほど,サンウがおばあさんを困らせることも増えていく。7歳の少年と77歳のおばあさんのすばらしい同居は,果してどうなることか。

[製 作 年] 2002年
[韓国封切] 2002年4月5日
[観覧人員] 1,576,943人 2002年 第5位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] 家へ… 집으로…
[英 語 題] The Way Home
[原    作] 
[脚    本] イ・ジョンヒャン
[監    督] イ・ジョンヒャン[第2作]
[撮    影] ユン・ホンシク
[照  明] イ・チョロ
[音    楽] キム・デホン,キム・ヤンヒ
[出    演] ユ・スンホ    → ハン・サンウ
         キム・ウルボン  → おばあさん
         トン・ヒョヒ   → サンウの母
         ミン・ギョンフン → チョリ
         イム・ウンギョン → ヘヨン
         イ・チュニ    → 自転車おじいさん
         イ・ドンチウォン → 市場雑貨屋おばあさん
         ユ・ソンギ    → 市場バスおじさん
         ユン・ジェグン  → 履き物店主人
         コ・ベクファン  → 道を教えてくれる老人
         シン・ヨンジャ  → 雑貨屋1女主人
         チョ・ギュホ   → 雑貨屋2男主人
         パク・キョンオ  → 鉄物店主人
         アン・ビョンム  → バス運転手
         ハン・ソグ    → チョコパイ子供
         キム・ジョンエ  → 中華料理店女主人
         ユン・ファサム  → 牛ひく老人
         ナム・ギジュン  → リヤカー老人
         チョ・ユスク   → 村住民たち
         チェ・スットク  → 村住民たち
         イム・チャヨン  → 村住民たち
         パク・チョンテク → 村住民たち
         キム・ヨンジャ  → 村住民たち
         キム・ドゥチョン → 村住民たち
         パク・スンダン  → 村住民たち
         ユン・グムラン  → 村住民たち
         ウ・ミョギ    → 村住民たち
         イ・ジュンベク  → 村住民たち
         パク・カプレ   → 村住民たち
         パク・ヒョンスン → 村住民たち
         パク・タルブン  → 村住民たち
         クォン・ジュン  → 村住民たち
         キム・ヨンゴン  → 村住民たち
         コ・テス     → 村住民たち
         パク・スニョン  → 村住民たち
         ナ・スネ     → 村住民たち
         チン・オクエ
         カン・シンスン
         ユク・ミョンジャ
         オ・ソンイム
         パク・トングン
         オム・サスン
         ユク・スンテ
         チョン・ヌンファ
         シン・ボンス
         キム・ヨンジン
         イ・サンギル
         オ・ウォルヒ
         チャン・ギシク
         シン・ボンス
         ナム・ヨンギュ
         キム・スンヒ
         パク・コニョン
         パク・コナ

         ラ・ピョング氏宅の牛 → 狂った牛
         サムドリ       → 駄犬

[受    賞] 2002 第39回 大鐘賞映画祭/最優秀作品賞,脚本賞(イ・ジョンヒャン)
                          企画賞(チューブピクチャーズ)
         2002 第3回 釜山映画評論家協会賞/審査委員特別賞(イ・ジョンヒャン)
         2002 第10回 利川春史大賞映画祭/審査委員特別賞(イ・ジョンヒャン)
         2002 第22回 韓国映画評論家協会賞/音楽賞(キム・デホン,キム・ヤンヒ)
         2003 第39回 百想芸術大賞/大賞
         2002 第50回 スペイン サンセバスチャン国際映画祭/新人監督賞部門 特別言及賞

[映 画 祭] 2002 第6回 富川国際ファンタスティック映画祭 メイド・イン・コリア部門
         2002 第51回 ドイツ マンハイム&ハイデルベルク国際映画祭 
             インターテショナル・ディスカバリー部門
         2002 第50回 スペイン サン・セバスチャン国際映画祭 新人監督賞コンペティション部門
         2003 第27回 カナダ トロント国際映画祭 ナショナル・シネマ・プログラム部門
         2002 第22回 米国 ハワイ国際映画祭 スポットライト・オン・コリア部門
         2002 第12回 日本 アジアフォーカス・福岡映画祭2002
         2003 第6回 中国 上海国際映画祭 コンペティション部門
         2002 第16回 米国 ロサンジェルス AFI国際映画祭 アジアン・ニュークラッシック部門
         2002 第3回 米国 サンディエゴ アジア映画祭

[時    間] 87分
[等    級] 全体観覧
[撮影場所] 忠清北道 ヨンドン(永同)のチトン(紙筒)マウル
[制    作] ファン・ウヒョン
[制作会社] チューブ・ピクチャーズ(株) 
[ビ デ オ] クロックワークス
[レンタル] あり
[Private ] Jd-Video J-DVD【7】  ★★★★☆
      J-Blu-ray-Rec(バリでの出来事 15〜20)
      J-Blu-ray-Rec(チャクペ 相棒 29〜32) 

[お ま け] ・アジアフォーカス・福岡映画祭2002 上映作品


プラウザの「戻る」で戻ってください。