輝国山人の韓国映画
<Home>へ

無道里

江原道(カンウォンド)の山奥の村,無道里。そこには,昼間でも霧がヒューヒュー回りながら下に降りて人を惑わすという<幽霊谷>があるミステリーな空間だ。

老人だけが10人余りしか住んでいない幾重にも重なった山中の無道里で,ある日,インターネット自殺カフェ<永遠の休暇>のシグオペ(運営者)の若者が投身自殺をする事件が発生する。彼の紹介のおかげで,無道里は一瞬にして天下一番の自殺明堂といううわさが立ち,全国各地の自殺希望者たちが駆せ参じ始める。

偶然に無道里を知るようになった新人放送作家ミギョンは,特ダネを狙って村に潜入してくる。そして,すでに自殺明堂としてうわさが立った無道里に追い詰められ,D-dayを待っている自殺カフェ<永遠の休暇>会員たちときわどい生死をかけて同苦同楽を始めるようになる。

一方,無道里に住んでいるボンギ,ヘグ,バンヨンの3人衆は,村を訪ねた自殺志願者たちを対象に金儲けを始めるようになる。彼らは,新しく民宿を修理したり,登山表示板を作るなど,外地の客を積極的に誘致するが,なぜか,死を前にして人間らしくない旺盛な食欲と活力を見せるミギョンだけは,邪魔な人のように見える。

そんなある日,無道里3人衆の中で最も執拗に自殺志願者の誘致に執着を見せたボンギが,急に自分から<幽霊谷>に飛び降りようとする事件が発生する。

[制 作 年] 2006年
[韓国封切] 2006年9月21日
[観覧人員] 18,942人(ソウル封切館基準)
[原    題] 無道里 무도리
[英 語 題] 
[ジャンル] コメディー
[原    作] 
[脚    本] チェ・ジョング
[監    督] イ・ヒョンソン [第1作]
[撮  影] チェ・スンギ
[照  明] ユ・ビョンムン
[音    楽] チェ・ワニ
[武    術] イ・ジョンヨン
[出    演] パク・イナン   → ク・ボンギ 無道里住民
       チェ・ジュボン  → シン・ヘグ 無道里住民
       ソ・ヒスン    → キム・バンヨン 無道里住民
       ソ・ヨンヒ    → ヤン・ミギョン 新人放送作家
       イ・ヒド     → 老いたウェルテルの悲しみ 自殺カフェ会員 副シグオペ
       オ・ジョンセ   → アックジョン(狎鴎亭)のウェギロギ 自殺カフェ会員
       チョン・ヒテ   → テウォン 2番目の自殺者
       パク・ヒョニョン → サランウン イジェ クマン(愛はそれ位で) 自殺カフェ会員
       カン・ギファ   → スルギ 悲しい天使 自殺同好会会員
       イ・ミンジョン  → ユニ ロシアン・ルーレット 自殺カフェ会員
       アン・ジェホン  → ヒジェ 死ぬか,あるいは痛いか 自殺カフェ会員
       チェ・ミヨン   → ジュリエット 自殺カフェ会員
       ファン・ゴン   → ロミオ 自殺カフェ会員
       キム・ジング   → バンヨンの母
       チョン・ギョンホ → ペク・チュンギル CCNテレビPD
       ユ・スンモク   → ハン・チャンス 警察官
       チョン・ジェジン → 道人 空中浮揚
       イ・ジョンホ   → ヨンス 無道里住民
       ミン・ビョンエ  → 村の女
       チェ・ソンウン  → 村の女の夫
       ソ・ドンソン   → ソンジンの父
       イ・ボムスク   → 村住民

       友情出演
       イ・ジュヒョン  → ソンジン 最初の自殺者
       イ・スンヒョン  → テウォンの友人
       イ・スク     → チョン マダム [編集でCut]

      武術チーム
      チョン・ユノン


[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 100分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] キム・ジョンホ,チャ・スンジェ,キム・ミヒ
[制作会社] MBCプロダクション,サイダスFNH
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] なし
[H    P] http://www.moodori.co.kr/(韓国)
[撮影場所] 無道里 → 江原道ピョンチャン(平昌)郡ウェルカム・トゥー・トンマッコルのセット場
       幽霊谷断崖 → ソラク(雪岳)山(ソラクサン),クォングムソン(権金城)
[Private ] K-DVD【38】
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。