輝国山人の韓国映画
<Home>へ

血の贖罪    DVD発売

センシティブな問題を正面から取り上げ,「罪」と「許し」という人間が抱える永遠の課題に鋭く切り込んだ作品

責任感が強く着実な28歳のソンゴンは,小さな衣類縫製工場で働いている。ただ,内省的な性格のせいで友だちが一人もなく,いつもひとりぼっちだ。

ある日,何かに惹かれるように教会に出て行ったソンゴンは,そこで,これまでの10年間たった一日も忘れなかったチャンミに会う。

明るくて快活な性格のチャンミとの出会いで,ソンゴンの単調だった日常は変化し始め,二人は,少しずつ近づいてお互い惹かれあうようになる。

チャンミに向いた気持ちを告白したソンゴンは,幸せな未来を夢見るが,彼女が依然として10年前の傷によって苦しんでいるという事実を知ることになる。

チャンミの消すことができない傷は,ソンゴンの過去ともつながっていて,ソンゴンは,苦しむチャンミの姿に激しい衝撃に包まれる。そして,チャンミのために何でもしたいソンゴンは,結局,取り戻せない選択をする。

[制 作 年] 2013年
[韓国封切] 2013年8月22日
[観覧人員] 1,643人 2013年 第129位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原    題] とげのある花 가시꽃
[英 語 題] Fatal
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] イ・ドング
[監    督] イ・ドング [第1作]
[助 監 督] イ・ソンチャン,キム・チョルファン
[撮  影] カン・ムンボン
[照  明] 
[音    楽] パク・ヒソン,チョン・ウジン
[美    術] キム・ミラン
[出    演] ナム・ヨヌ    → イ・ソンゴン 衣類縫製工場 ポラリス Polaris
      ヤン・ジョア   → パク・チャンミ Coffee &
      ホン・ジョンホ  → キュサン 同級生
      カン・ギドゥン  → セウン 先輩 自動車整備工場 Tuning Story.com
      キム・ヒソン   → ヒョンウ 同級生 会社員
      ソ・ヨンギョン  → ユリ キュサンの恋人
      ソン・サンギュ  → チャン・ミヌ 伝導師 ポンイル教会 基督教 大韓聖潔教会
      チョ・アラ    → ユ・ナヒ 青年部員 ポンイル教会
      イム・ソンギュン → キム・ギソク 青年部員 ポンイル教会
      イ・ビョンギル  → テジュン 工場社長 ポラリス Polaris
      キム・ジョンヨン → フェジャ 工場おばさん
      サティシ     → フェン 工場職員
      キム・ミラン   → ソヨン 工場職員
      チョン・ジェヨン → トゥファン ごろつき
      ナ・ヘジン    → ソンミ ごろつきの恋人
      ハン・ミョンス  → イダム ヒョンウの会社 職員
      キム・ボギョン  → ハヨン ヒョンウの会社 新入
      ファン・ヒ    → ヨンホ 高校生
      アン・ソンミン  → インソク 高校生
      キム・ヨンウ   → チャンイル 高校生
      パク・ユミ    → ミニョン 電話を受ける女

      字幕外
      イ・チョルミン  → キム・ペクチュン


[受    賞] 第1回 ワイルド・フラワー映画賞/主演男優賞(ナム・ヨヌ),新人監督賞
[映 画 祭] 第63回 ベルリン国際映画祭 パノラマ部門
      2012 第17回 釜山国際映画祭 ニューカレンツ部門
      第39回 シアトル国際映画祭 新人監督部門
      第12回 マラケシュ国際映画祭 コンペティション部門
      第46回 シッチェス国際ファンタスティック映画祭
      第19回 アテネ国際映画祭 コンペティション部門
      第37回 モントリオール世界映画祭

[時    間] 103分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] DK FILM
[制 作 費] 
[D V D] 血の贖罪:
      発売・販売元:エプコット(DVD 3,800円+税)2015/2/6発売
[レンタル] 
[H    P] http://blog.naver.com/fatal2013(韓国)
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] K-DVD【67】
      (コメンタリー:イ・ドング監督,ナム・ヨヌ,ヤン・ジョア,
               カン・ギドゥン,キム・ヒソン)
      J-DVD【67】

      KNDb NAVER Daum

[お ま け] ・純制作費300万ウォン(およそ28万円),たった4人の現場スタッフ,計10回の
       撮影で作った超低予算映画なのだそうだ。


プラウザの「戻る」で戻ってください。