輝国山人の韓国映画
<Home>へ

桃色のイルカ

陽が沈む所あたりに行けば会えるだろうか。アマゾン川には,願いをかなえる桃色のイルカが生きているんだって。

最初,ある夏。そのようにして会いました。幼いときから夢に描いた桃色のイルカを探しに出るジウォン。旅行の途中で脚がないファブンと死のうと試みたおじいさんテゴンに会う。

2番目,一緒にするうちに,そして分かりました。それぞれの痛みを持っている3人。旅行する間,お互いを知って,理解して,互いに学んでいく。

3番目,別れ。互いに分かっているけれど,とても言葉にはできなかった瞬間,おじいさんテゴンが言い出す。「ここまでに...しよう。」

[制 作 年] 2010年
[韓国封切] 2010年月日
[観覧人員] 
[原    題] 桃色のイルカ 분홍돌고래
[英 語 題] Boto
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] チョ・ヨンス
[監    督] チョ・ヨンス [第1作]
[撮  影] アン・ヒョンシン
[照  明] 
[音    楽] イェ・チャンワン
[出    演] ハン・テイル   → テゴン
      オ・スヒョン   → チヒョン
      イム・ホヨン   → ファブン
      ムン・ソンボク  → 隊員
      パク・チヘ    → 看護師
      ソン・ジョンソン → 旅館主人
      キム・ドウン   → クッパブ屋主人

[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 78分
[観覧基準] 12歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] ウィードシネマ
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] http://ysfilm.blogspot.com/(韓国)
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] なし KMDb
[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。