輝国山人の韓国映画
<Home>へ

おいしい人生

映画を作るたびに失敗するチュンムロ(忠武路)の伝説的な制作者チョ代表は,10月の最後の金曜日に取引先からの電話に苦しめられ,やたらと海が見たくてカンヌン(江陵)へ向かう。

一人で海辺をうろついて顔なじみの若い女性ミナに出会う。ところがどうしたことか,チョ代表が制作した映画のファンだと言ってチョ代表に先に気づくミナ。チョ代表は,シナリオ作業のためカンヌン(江陵)に来たと話して,ミナにガイドをお願いする。

カンヌン(江陵)一帯の美味しい店と遠い昔の記憶の中の過去の町内を見回して,ミナが知っている町の人々と交わって,チョ代表は,20年前のカンヌン(江陵)での記憶を想い浮かべる。

チョ代表は,当時避暑地ロマンスでナンパした彼女が,ミナの母ということを知って,ミナが自分の娘かも知れないという不安感に捕われる。

一方,ソウルでは感じられなかった安らかさと余裕,偶然な出会いが持ってくる妙な震えに浮き立つチョ代表。

いつのまにか別れる時間が近づいて,チョ代表は,用心深く20年前の真実を言おうとするが,その瞬間,ミナから衝撃的な告白を聞くことになる。チョ代表は,ミナに事情を明らかにすることになるのだろうか。

[制 作 年] 2010年 [韓国封切] 2010年10月28日 [観覧人員]  [原 題] おいしい人生 맛있는 인생 [英 語 題] Second Half [ジャンル] ドラマ,メロー(愛情,ロマンス) [原 作]  [脚 本] チョ・ソンギュ [監 督] チョ・ソンギュ [第1作] [撮  影] キム・ジェホン [照  明] ファン・ソンウク [音 楽] チェ・ヨンナク [出 演] リュ・スンス    → チョ代表       イ・ソム      → ミナ       ナ・ユンソン    → マッサージ男       イ・ユンソン    → 純真女       イ・ヨンナン    → 中年女       アン・ジヘ     → 刺身店女       シム・ギョンジャ  → ミナの祖母       ユン・ソンジェ   → 防波堤釣り男1       キム・ヨンチョン  → 防波堤釣り男2       パク・チュンシン  → 牧師       チョ・ソンギュ   → 代行運転手/キム先輩の声       キム・ジョンナム  → チュムンジン(注文津)タコおばさん       イ・ジョンスン   → ピョンチャン(平昌)食堂おばさん       パク・イチュ    → ボヘミアン パク先生       アン・ヒョジョン  → ボヘミアン 従業員       カン・ゲソンテジン → 金物屋おばさん       イム・ガンユン   → 現代ホテル 女性職員       友情出演       ペク・ウォンギル  → マネジャー カン氏       コ・チャンソク   → 刺身店主人 コ氏       イ・ジョンウン   → カン氏夫人       ペク・ヒョンジン  → カフェ主人 キム・ミノ       フィファン     → ミュージシャン チュ       ペク・チェホ    → ミュージシャン ジェウク       声出演       パク・ヘイル    → ポン監督       チョ・ウンギョン  → チョ課長       チョ・ウヌン    → ヘグムガン(海金剛)お客さん [受 賞]  [映 画 祭] 2010 プサン(釜山)国際映画祭 韓国映画の今日 ビジョン部門 招請 [時 間] 97分 [観覧基準] 15歳以上 観覧可   [制 作 者]  [制作会社] (株)スポンジENT [制 作 費]  [D V D] 日本発売なし [レンタル]  [H P]  [撮影場所]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。