輝国山人の韓国映画
<Home>へ

Guest House ゲストハウス

江陵に住んでいるジョンウ(ソンジェ)は俳優の夢を諦められず、オーディションを受ける為にソウルへ向かう日々。 

公務員である姉のソンウはジョンウが俳優への夢を諦めて江陵でゲストハウスを経営して真面目に生きてほしいが、姉の願いは叶わず、ジョンウのソウルへの脱出は続く。

そんなある日、ソンウの友人で日本人のヒロコ(ちすん)が江陵へやってきた。ヒロコはカーリングの元日本代表選手。訳があり引退してしまったが、今回は仕事と、そしてある目的のために江陵へ。ヒロコはソンウが経営しているゲストハウスに宿泊。そこでジョンウと出会うこととなる。

日本語が出来ないジョンウはヒロコと短い英語で会話をするが、好きな食べ物、静かな海、時間が止まっているような古い町並み等、 江陵に溶け込んでいる思い出や風景を共感しながら時を共にしていくうちに二人の距離は縮んでいき、、。(出処:「Guest House ゲストハウス」 ホームページ http://guest-house.official-movie.com/)

[制 作 年] 2017年
[韓国封切] 2017年00月00日
[日本公開] 2017年12月23日
[観覧人員] 
[原    題] ゲストハウス 게스트 하우스
[英 語 題] Guest House
[ジャンル] 
[原    作] 
[P  D] 
[脚    本] チョ・ソンギュ
[監    督] チョ・ソンギュ [第10作]
[助 監 督] 
[撮  影] キム・グヨン
[照  明] カン・ジヒョン
[音    楽] チェ・ヨンラク
[美    術] 
[武    術] 

[出    演] キム・ソンジェ  → ジョンウ
      ちすん      → ヒロコ
      キム・ガンヒョン → 
      ペク・ソヌ    → 
      ソ・ウンチェ   → ソンウ
      武田裕光     → 

[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 94分
[観覧基準] 歳以上 観覧可  
[制 作 者] 
[制作会社] FUJIX E&C marco
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] http://guest-house.official-movie.com/(日本)
[撮影場所] 
[挿 入 曲] 
[M-Video] 
[Private ] なし

[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。