輝国山人の韓国映画
<Home>へ

2つの恋愛    DVD発売

現在のガールフレンドと前のガールフレンドとの間を行き来して同時にデートする一人の男の感情変化を飾り気なく表現した現実ロマンス

順調でハンサムな映画監督インソンは,友だちのように気楽に次期作を共同作業している快活な性格のシナリオ作家ユンジュと秘密の恋愛中だ。

インソンは,シナリオ作業のために独りでカンヌン(江陵)を訪ねるが,彼のそばには,前ガールフレンドのミナがいる。

取材のために日本から韓国に来た在日同胞のミナとともに,あちこちを旅行したインソンは,浮き立った心でミナに誘いをかけるが,これを断固として断ったミナは,ついに宿舎を離れてしまう。

一方,ガールフレンドのユンジュから,カンヌン(江陵)に来るという電話を受けたインソンは,高速バスターミナルでミナとユンジュが一緒に出てくるのを目撃して慌てて隠れる。

それぞれ違った目的で旅行に出た三人。二人の女の間の一人の男の不届きな嘘が始まる。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2015年
[韓国封切] 2016年4月14日
[観覧人員] 
[日本公開] 2016年7月9日
[原    題] 2つの恋愛 두 개의 연애
[英 語 題] Two Rooms,Two Nights
[ジャンル] メロー,ロマンス,コメディ
[原    作] 
[P  D] チョ・ウヌン
[脚    本] チョ・ソンギュ
[監    督] チョ・ソンギュ [第7作]
[助 監 督] キム・ミンソン
[撮  影] イ・ヒソプ
[照  明] ユン・ジョンハン
[音    楽] チェ・ヨンラク
[美    術] 
[武    術] 

[出    演] キム・ジェウク  → チョ・インソン 映画監督
      チェ・ジョンアン → チョン・ユンジュ シナリオ作家
      パク・キュリ   → ミナ 在日同胞
      ペク・トビン   → チフン ゲストハウス主人
      オ・ヒジュン   → ヘンナンチェ(行廊棟)男
      オ・アリン    → ヘンナンチェ(行廊棟)女
      チョン・セラ   → キム代表
      チョン・ユンジ  → チェ チーム長
      イ・ギュフェ   → カンヌン(江陵)酔客1
      キム・ホンテク  → カンヌン(江陵)酔客2
      イ・ボンリョン  → メウンタン店 社長
      チャン・ソグォン → カンヌン(江陵)劇場 先輩
      シン・ジュングン → イ局長 文化財団
      キム・ヨンジン  → 学校先輩
      チョン・ウォン  → 駐車場女

      特別出演
      イ・ジュニョク  → カンヌン(江陵)カフェ主人



[受    賞] 
[映 画 祭] 
[時    間] 110分
[観覧基準] 15歳以上 観覧可  
[制 作 者] オ・ドンジン,チョ・ウンギョン,パク・チョンハク
[制作会社] クリホフ ハジュンサ
[制 作 費] 
[D V D] KRコンテンツグループ(DVD 3,800円+税)2016/10/4発売
[レンタル] 
[H    P] http://www.finefilms.co.jp/twolove/(日本)

[撮影場所] ソウル
       イタリア食堂   ヨニ(延禧)洞 エノテカ オット(enoteca otto)
       トガニタン店   ヨニ(延禧)洞 ボンジュール
       動物病院     ヨニ(延禧)洞 ラファエル動物病院
       ソウルホテル   チョン・ドンジン サークルズホテル
       ホンオ食堂    マンウォン(望遠)洞 ホンオハンマリ
       カフェ1     ヨニ(延禧)洞 ノアロスティン(Noah's Roasting)カフェ
       カフェ2     ヨニ(延禧)洞 コレクトカフェ
       中華料理店    ヨニ(延禧)洞 クムジョン(宮殿)
       空港       インチョン(仁川)国際空港ターミナル

      東京
       酒店       クジャク(孔雀)
       ホテル      パイ100スタジオ

      カンヌン(江陵)
       韓屋ゲストハウス ソジ(鼠垤)チョガトゥル(草家の庭)
       メウンタン店   テグァン食堂
       ムルフェ店    サチョン チュムンジン(注文津)ムルフェ
       カフェ1     コーヒー焙煎店 コナ
       カフェ2     キョドン899
       ムッパプ店    ソジ(鼠垤)チョガトゥル(草家の庭)
       スーパー     キョンホスーパー
       休憩所      カンヌン(江陵)休憩所
       劇場       シニョン劇場
       ターミナル    カンヌン(江陵)高速バスターミナル

[M-Video] 
[Private ] なし

[お ま け] ・キム・ジェウクは,劇中パク・キュリを相手に流暢な日本語対話をして,特技である
       日本語演技を思い通りに見せています。

      ・キム・ジェウクの日本語の実力は,劇中チョ・インソンのセリフにあるように,幼い
       時期を日本で過ごしたことによるものだそうです。とても自然で,日本人と変わらな
       い位です。

      ・生まれてから小学校入学まで7年間,日本の東京で暮らし,小学校へ入学する8歳で
       韓国に帰ってきた時には,ほとんど韓国語を話せなかったそうです。

      ・韓国語より先に日本語を覚えたので,現在でも家族間では,日本語で対話をするそう
       です。

      ・しかし,在日同胞という設定のパク・キュリの日本語がいまいちで,ときどき何を言
       っているのか聞き取れないこともあって,設定が逆じゃないかと思ってしまいます。



      ・劇中キム代表が,前にキム・ジェウクが映画を見て「主人公が最終的に婚約者と結婚
       するのは変だ。男なら初恋の女を選ぶ。」と言ったという映画は,2012年の
       イ・ヨンジュ監督の作品<建築学概論>です。

      ・韓国国内での観客動員数は,400万人を超え,韓国の恋愛映画として歴代1位の興
       行記録を塗り替えた映画で,日本でもそれなりに話題になりました。



      ・キム・ジェウクパク・キュリが食事をするカンヌン(江陵)の店で,日本語でしゃ
       べるのがけしからんと騒ぐ酔客おじさんが,ユ・グァンスンは,自分の祖母だと自慢
       するシーンがあります。

      ・ユ・グァンスン(柳寛順,1902年11月17日〜1920年10月12日)は,韓国では知らない
       人がいないくらい有名な朝鮮の女性独立運動家です。

      ・1919年に三・一独立運動が勃発すると,故郷のチョナン(天安)で万歳デモを計
       画,独立運動のアジ演説を行い,暴力デモを主導した罪で,懲役3年の刑を宣告され
       ました。

      ・ユ・グァンスンは,獄中でも大規模デモを主導するなどの抵抗を続け,1920年10月12
       日にソデムン(西大門)刑務所内で残酷な拷問により獄死したとされています。

      ・1962年に韓国政府がその功績を認めて建国勲章を授与し,独立烈士と呼ばれるよ
       うになりましたた。

      ・獄死したソデムン(西大門)刑務所は,ソデムン(西大門)刑務所歴史館として保存・
       整備され,ユ・グァンスンをはじめとする収監者の写真や記録が展示されています。


      ・エンドクレジットで流れる歌は,ミナ役のパク・キュリが歌う<ポンヌン(春の雪>
       という歌です。作詞・作曲は,韓国のミュージシャン,ルシッド・フォール(Lucid
        Fall)です。



プラウザの「戻る」で戻ってください。