輝国山人の韓国映画
<Home>へ

フーリッシュゲーム

灰色ト−ンの寂しい都市を背景に,昔の恋愛を忘れることができない女と愛を信じることができない男,そして死んだ友人の女性を愛する男と彼に捨てられた女性など,都市の若者たちの愛の姿を描いた低予算作品。ソウル,春川(チュンチョン)そしてネパールのヒマラヤなどの地を行き来しながら,35mmで撮影した総制作費5億ウォンの独立映画で,現職医師(眼科)のチョン・ソンヒョン監督のデビュー作。

畏敬感さえ感じさせる雪に覆われたヒマラヤの切り立った高峰。その山に向かって進むヒョンテは,視線だけで女性を誘惑できる男だが,愛などは眼中にない。ただ一夜を楽しめればそれでよい。

空っぽのギャラリーで穴があくほど写真作品を凝視しているヒジェ。ヒジェの前には,純白のヒマラヤ写真が絵のように広げられている。昔の恋愛の傷から抜け出すことができず,理解できない行動を日常的にするヒジェは,もう愛を信じたくない女性だ。

ヒョンテの旧友クボンとジェチョル。そして彼らの恋人ヘリョンとミヨン。ヒョンテと彼の友人たちは,いつも一緒に群れをなしながら楽しい時間を送る間柄。クボンは,ヘリョンのためにならば,周囲の視線におかまいなく,何でもする快活で,可愛い好男児だ。しかし,クボンは,ある週末の午後に5人が遊びに行く途中,突然の自動車事故で亡くなってしまう。

友人の恋人ヘリョンに特別の感情を抱いていたジェチョルは,いつの間にか信じられないほど積極的にヘリョンに近付く。誰かとの愛でない愛を必要としていた女ヘリョンも,いつの間にかジェチョルの愛を受け入れている自分を発見し,あえて回避しようとしない。

一方,長い間の友人で恋人だったジェチョルの変心にあきれるミヨン。ミヨンは,自分の前で行われる二人の愛に腹を立てるが,ジェチョルに愛をもの乞いするほど愚かでない。

ヒョンテとヒジェにとって,愛は苦痛で,できるならば無視したい現実だ。しかし,運命が彼らを出会わせたのは,愛せよということか。

[制 作 年] 2005年 [韓国封切] 2005年月日 [観覧人員]  [原 題] フーリッシュゲーム [英 語 題] Foolish Game [ジャンル] メロー,愛情,ロマンス,ドラマ [原 作]  [脚 本] イム・ジンピョン,チョン・ソンヒョン [監 督] チョン・ソンヒョン [第1作] [撮 影] チェ・ヨンミン [照  明] [音 楽] [出 演] キム・テヨン    → キム・ヒジェ    イ・ドンギュ    → チャ・ヒョンテ    パク・チェヒョン  → ジェチョル    コン・ジョンファン → クボン    チョ・ヒョギョン  → ヘリョン    ソ・ボムシク    → アン室長    ムン・スヒ     → 女性職員    チェ・チョルン   → 警察    ソン・ソヨン    → 落馬女    チョア       → オフィステル女    チャ・ジフン    → 警備おじさん    パク・サングク   → 管理人    キム・ソウン    → カフェ従業員    Lobber       → 英語講師    Emma        → エムマ    イ・ソンジュン   → ヒジェの過去の恋人    友情出演    サ・ヒョンジン   → イ・ミヨン    特別出演    キ・ジュボン    → キム所長       字幕外       ミン・ヨンウォン [受 賞]  [時 間] 86分 [観覧基準] 18歳以上 観覧可   [制 作 者] ファン・ブグン [制作会社] Boke Film [制 作 費]  [ビ デ オ] 日本発売なし [レンタル] なし [H P]  [撮影場所]  [Private ] K-DVD【33】 [お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。