輝国山人の韓国映画
<Home>へ

私のボクサー    DVD発売

体育館で雑用をしながら暮らしてきた元プロボクサーが自分を信じる強固な支援軍の女性に会って忘れていた未完の夢を完成するために生涯最も無謀な挑戦を始める話

一時、ボクシング・チャンピオンの有望株として派手に注目されていた元プロボクサーのピョング(オム・テグ)。

しかし、ある瞬間の消すことができないミスで、ボクシング協会から永久除名になってしまった彼は、パク館長(キム・ヒウォン)の配慮から、体育館の雑用を引き受けて暮らしている。

再びボクシングを始めようとする心はあるが、弱り目にたたり目、脳細胞が損傷するパンチドランク(punchdrunk)という診断まで受けることになったピョング。

ある日、ピョングがばら撒いたビラを持って体育館を訪ねた新入館員ミンジ(ヘリ)は、ボクシングに対するピョングの純粋な情熱を発見して、彼の強固な支援軍になってくれる。

ミンジの応援に、忘れていた未完の夢であり、自分だけのスタイルであるパンソリ・ボクシングを完成する決心をしたピョングは、生涯最後になるかもしれない最も無謀な挑戦を始める。(出処:報道資料)

[制 作 年] 2019年* [韓国封切] 2019年月日 [観覧人員]  [原 題] パンソリ・ボクサー 판소리 복서 [英 語 題] My punch-drunk boxer [日 本 題] 私のボクサー [日本公開] 2019年月日 [ジャンル] コメディ、ドラマ [原 作]  [P  D] イ・ジョンウン(P.G.K) [脚 本] チョン・ヒョッキ、チョ・ヒョンチョル [脚 色] チョン・ヒョッキ [監 督] チョン・ヒョッキ [第1作] [助 監 督] シン・ウォンチョル [撮  影] カン・ミヌ [照  明] イ・スンホ [編  集] シン・ミンギョン(A.M.Post) [音 楽] チャン・ヨンギュ [美 術] キム・スヒョン(visualizing SIZZLE) [武 術] イ・サンハ(BEST STUNT) [出 演] オム・テグ     → イ・ビョング 雑用係 プルセ(火の鳥)体育館       ヘリ        → ミンジ 新入館員       キム・ヒウォン   → パク・チョンファン 館長 プルセ(火の鳥)体育館       チェ・ジュニョン  → ナム・ギョファン 練習生 プルセ(火の鳥)体育館       イ・ソル      → カン・ジヨン パンソリの名唱       チェ・ドンムン   → チャン・スンオプ社長 韓国ボクシング連盟 常任理事       コ・スンボ     → スンボ 児童練習生       イム・ハンビン   → ハンビン 児童練習生       ソン・ソクペ    → 雑貨屋 カン(姜)氏       ソン・ヨンスン   → キョファンの祖母       イム・ソンミ    → 医師 / インタビュアー       ソン・ハリム    → A/S技師 TV修理       イ・ジュウォン   → イム館長       チェ・ヒョギル   → 酔客       チェ・ウンサン   → 競技 審判       キム・ミンチェ   → チヨンの母       ユ・ソンジュ    → 獣医師       ウォン・グニ    → 写真館 主人 ウリ写真館       チャン・ソン    → ボクシング協会 職員       パク・ピョンチョル → 計体量 進行者       ナ・ギョンジン   → 看護師1       キム・イジョン   → 看護師2       シン・チャンス   → ファンソ(牡牛)体育館 管掌       イ・ホンネ     → ファンソ(牡牛)体育館 コーチ       ユ・チャンスク   → ミンジの祖母       イム・マリア    → ミンジの母       キム・ハンジュン  → ドーピング ニュース記者       キム・シユン    → 競技進行要員       キム・ミナ     → アルバイト       シン・ジュヒョプ  → ミンジの前ボーイフレンド       イ・ウヒョン    → 友だち1       ユ・イジュン    → 友だち2       イ・ジョンウン   → クリーニング屋主人       イ・ジョンミン   → 計体量 スチール技師       パク・タヨル    → 高手       チェ・ホリム    → 酔客1       クォン・ヒョクソン → プルセ(火の鳥)体育館 官員9       イ・ミンジェ    → 競技場 医療スタッフ1 [受 賞]  [映 画 祭] 2020 第7回 野の花映画賞 男優主演賞(オム・テグ)      2020 第24回 ファンタジア映画祭 AQCC - LUCIDAカメラ賞(チョン・ヒョッキ) [時 間] 114分 [観覧基準] 12歳以上 観覧可   [制 作 者] アン・ウンミ [制作会社] ポルックス(Pollux)(株)パルンソン [制 作 費]  [D V D] TCエンタテインメント (DVD 3,800円+税)2021/1/13発売 [レンタル] あり [H P]  [撮影場所] トンヨン(統営) [挿 入 曲]  [M-Video]  [Private ] なし [お ま け] NAVER 영화


プラウザの「戻る」で戻ってください。