輝国山人の韓国映画
<Home>へ

アニマルタウン

私たちは,誰が誰に傷をやり取りするのか誰も分からないまま,獣のような都市で生きている。

毎日毎日肉体労働をしながら,撤去予定地の古いアパートで寒い冬を送っているオ・ソンチョルは,仕事までなくなって,他の工事現場を歩き回って仕事を探すがうまくいかない。

自分が持つ性的障害と強迫観念によって電子足輪が冷たく欲求を押えつける。何とかタクシーの運転をすることになるが,ソンチョルの欲求は,町内で廃紙を拾う9歳の子供に向かっている。

ソンチョルによって子供を失い,家庭が残忍に崩壊した印刷業者キム・ヒョンドは,仕事場を見つけに通う彼を偶然に見つけ,傷に対する復讐心からソンチョルの後をつけることになる。そして,首をつって自殺しようとするオ・ソンチョルのすさまじい苦闘を目撃することになる。

[制 作 年] 2009年
[韓国封切] 2011年3月10日
[観覧人員] 
[原    題] アニマルタウン 애니멀 타운
[英 語 題] Animal Town
[ジャンル] ドラマ
[原    作] 
[脚    本] チョン・ギュファン
[監    督] チョン・ギュファン [第2作]
[撮  影] キム・ジンギョン,クォン・ミンチョル
[照  明] イ・スンウォン,ナム・ギボン,パク・チョンヒ,パク・チス
[音    楽] 
[出    演] イ・ジュニョク → オ・ソンチョル
      オ・ソンテ   → キム・ヒョンド
      ハン・ジェサン → 保険会社職員
      チュ・ユラン  → ヒョンドの妻
      アン・ミニョン → 
      ホン・ソンドク → タクシー会社室長
      イ・ソルグ   → 監察官1

[受    賞] 2010 第4回 シネマデジタルソウル映画祭/バタフライ競争部門 ムービーコラージュ賞
      2011 第12回 釜山映画評論家協会賞/審査委員特別賞(チョン・ギュファン)
      第16回 プズラシアン映画祭 
           Main Competition, International Jury Special 審査委員特別賞
           NETPAC Award ネットパック賞
      第19回 ブラックムービージュネーブ 
           Official Selection, Le Prix du Public:The Audience Award観客賞

[映 画 祭] 第57回 サンセバスチャン国際映画祭 New Directors Competition
      第11回 オシアン シネ版(インド)  In Dialogue
      第20回 ストックホルム国際映画祭 Asian Image 
      第13回 タリン ブラックナイツ映画祭 Eastern Sunrise
      第11回 チョンジュ(全州)国際映画祭 韓国映画ショーケース
      第4回 チュンムロ(忠武路)国際映画祭 Chungmuro Now
      2010 第34回 サンパウロ国際映画祭 International Perspective (2010.10.22 〜 11.4),
      2010 第28回 トリノ国際映画祭 Official Selection (2010.11.26 〜 12.4)

[時    間] 97分
[観覧基準] 青少年 観覧不可  
[制 作 者] チェ・ミエ
[制作会社] Lane Street Picures,スリーフィルム
[制 作 費] 
[D V D] 日本発売なし
[レンタル] 
[H    P] 
[撮影場所] 
[M-Video] 
[Private ] なし


[お ま け] 


プラウザの「戻る」で戻ってください。