前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔終了

73 re(1):Freeze (Part IV of "Fear"): 対訳Ver0.1(再投稿)

2002/6/3(月)11:03 - Sarie - 4695 hit(s)

引用する
現在のパスワード


基本的には代位一般と変わっていません。コメントもそのままです。
ただ、()は、はずしました。

>12)Freeze


  夜明けの薄明かりに
  街は白いもやの中、身を屈める
※熱気を帯びて、でも良いかもしれません。steaming は、蒸気を上げる、が原義です
 から。
 イメージ的には、都市自体が巨大な獣のように、飛びかかろうと身を屈め、
 うなっているように感じました。

  太陽は、まだ半ば身を隠し
※rumor うわさ――目には見えない、気配だけ、からの意訳です。

  夜はまだ、脅威をはらむ

  こだまや影の渦巻く、暗闇の通りを
  息を詰めて、進んで行くと
  何かが背後で動く気配を感じ
  手のひらが、じっとりと汗ばみ始める

  時に、僕は凍りつく――光が差し染めるまで
  逃げ去ってしまうこともある――夜の只中へと
  時に、僕は戦いを挑む――暗黒に立ち向かおうと
  僕が間違っている時もある――正しい時もある

  バネのように、すくみ上がるのだろか
※coiled for the spring 原義は、バネにするために巻かれる、なので、
 意味的には、こんな感じではなかろうかと。

  ヘッドライトの中に浮かび上がった生き物のように
  自暴自棄のパニックに捕らわれるのだろうか。
※ヘッドライトに浮かび上がる生き物は、究極の危険にさらされている象徴だと
 思います。次の瞬間には、轢かれてしまうわけですから。

  それとも、盲目的な激情の昂まりに。
  追い詰められた獣のように、
  それとも、勝利を手にしようとしている英雄のように

  なにかの脅威が脅しをはらみ、迫ってくる
  そして僕は、影の只中で凍りつく
  逃げる心積もりも、していない
  戦う覚悟もない

  理性を保っていられると思う
  反射行動に屈するのかもしれないが。
  僕は自分の本能を信頼しよう
  自らの恐怖に、屈してしまうのかもしれないが。

  時に、僕らは凍りつく――光が訪れるまで
  僕らが間違っていることもある――正しいこともある
  時に、僕らは戦いを挑む――暗闇に立ち向かって
  飛びこんでしまうこともある――夜の闇の中へと

  身体中の血が冷たくなり
※runningのニュアンスを出したかったのですが、「血が冷たく流れる」とは、
 日本語では、あまり言わないので。

  心は夜の闇へと沈んでいく
  自暴自棄のパニックが支配する、暗い夜へと。
※これも、多少意訳です。

  それとも、盲目的な激情の、昂まりに身を任せて。
※これも上に同じ。

  追い詰められた獣のように、
  それとも、勝利を収めつつある英雄のように。

  時に、僕は凍りつき
  時に、僕は戦いを挑む
  (時に、僕は凍りつく――光が差し染めるまで)  
  時には、逃げ込んでしまうこともある
  夜の中へと


対訳者 Sarie
 
・・すみません。できれば、ご意見を・・^^;)

〔ツリー構成〕

【12】 Freeze (Part IV of "Fear"): オリジナル英詞 2002/5/24(金)21:49 Jun'ya (1257)
┣【56】 re(1):Freeze (Part IV of "Fear"): 対訳Ver.0.1 2002/5/27(月)23:32 Sarie (3126)
┣【57】 re(1):Freeze Part IV of "Fear" の解釈 2002/5/28(火)12:27 Sarie (3400)
┣【110】 re(2):Freeze Part IV of "Fear" の解釈 2002/7/6(土)01:35 しるまりりおん (1162)
┣【118】 re(3):どーいたしまして。(って、私が言って良いのか?^^;) 2002/7/21(日)21:42 Sarie (1267)
┣【73】 re(1):Freeze (Part IV of "Fear"): 対訳Ver0.1(再投稿) 2002/6/3(月)11:03 Sarie (2388)
┣【119】 re(2):自己レス coiled for spring 2002/7/21(日)21:57 Sarie (1092)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.